第27回WordBench大阪でGitについて話してきた

ご縁あってWordBench大阪で登壇してきました。
第27回WordBench大阪

話した内容はGitについてです。
去年あたりからGitを使い始めていました。
そんな拙い私の経験が生かせて嬉しいです。

資料を作ってみて気づいたこと

色々な方から「人前で話すと勉強になる」と聞いてはいたのですが、コレ本当。
自分が曖昧にしていたところをちゃんと自分の言葉にできるようにして資料を作るからものすごく力になる。

「前に立つ人はすごいなー」と思っていたけど、なんてことはない。
自分の知ってる事を整理するだけだった。
それからわかりやすく並べかえるだけ、それだけで言いたい事を言える資料は出来上がる。
このへんは提案書作りと同じですね。

資料を作ってる時は、「コレでみんなわかってくれたら嬉しいなー」とか考えながら作っていたので楽しかったです。
ちなみに作ったスライドはこちら
※FLASHで作っているので、スマホだと見えないです。

人前に立って話してみて思ったこと

私は話すのが苦手です。
でも話すのが嫌いってわけではありません。
特に技術系の話は好きなので、ほっといても一人でもくもくと話せます。
でも大勢を前にして話すって緊張しますね。

気をつけようと思っていたけど「早口だった」と10人くらいに言われてしまいました。
ゆっくりを心がけていたつもりだったけど、全然そんな事はなかったみたいです。
場馴れって大事ですね。あと余裕。

登壇しているときは、ずっとモニターを見ながら独り事のように話していたのでみんなの反応を確認していませんでした。
ここは結構後悔しています。相手の反応を見て話していれば、もう少し余裕が持てたのかもと思っています。

勝手にテンパッて、勝手に自爆した感じで終わった印象を自分に持っています。
あと、さすが大阪笑いに厳しい。ネタ仕込んだつもりが全然笑ってもらえなかった。
失笑ってやつです。
ぼっち辛い。

登壇するとみんな結構話しかけてきてくれる。
私は声かけるのも苦手だから声かけられるとすごく嬉しいです。
声かけるのは私に向いていないので、声かけられるような人になればいいんだと気が付きました。
得意なとこを活かしていけば、気がつかないところで苦手なものを払拭できますね。
完璧なんて求めなくてもいいんです。
ぼっちの未来明るい。

今回は前で「話して見たら」って流れを作ってもらって話したわけですが、ご縁って素晴らしいですね。
もちろん、私の日頃の行い(ぼっちアピール)のおかげではあるかとは思います。
私は技術系で信頼される傾向があるので、下手な事はせず自分の得意をアピールしていこうと思います。

人に教える面白さ

実は私、人に教えるのが好きです。
実感はあまりないのですがよく「教えるのは上手い」と言われます。※少人数に限る。

といわけで、jQueryの勉強会かCSSフレームワークの勉強会しようと計画中です。
なにぶん初めての事なので、10名くらいの少人数で行います。
時期は4月の後半~5月の初旬を予定しています。
先行で情報欲しいって方いたら@maki_sakiに連絡くださればこそっとお伝えします。
会場は堺を予定してます。