Cntlog > WordPress > 無料で使えるWordPressのカスタマイズしやすいBootStrapベースのスターターテーマ

無料で使えるWordPressのカスタマイズしやすいBootStrapベースのスターターテーマ

みなさんはWordPressの案件をするときはどんな開発フローをされてますか?
1から作るひともいれば、何かフレームワーク的なものを入れて作る人、スターターテーマを使って作る人、子テーマ前提で作る人など様々な進め方がありますね。

私は去年までは「Underscores」を使って開発していましたが、最近WordPressの開発では、UnderStrapというテーマを使っています。
UnderStrap公式サイト

UnderStrapとは

UnderStrapは、WordPressの開発元となるAutomatticのUnderscoresのスターターテーマと、レスポンシブにも対応しているBootstrap4を組み合わせたものです。

WordPress.orgの公式テーマディレクトリに掲載されており、管理画面からもダウンロードできます。

スターターテーマは開発を始めるときの手間を減らしてくれる便利なものです。
Underscoresは長年愛され・実績も信頼もスターターテーマで、とても使いやすいです。
ただUnderscores単品で使うことは少なく、何かのフレームワークと組み合わせて作る事が多かったです。

Underscoresを使えばBootstrap4で最適化された最低限の構成で制作を始められるので瞬発力が高まります。

便利なポイント

UnderscoresとBootstrapを使ったテーマは数多くありますが、なぜ私がUnderStrapが良いと思えたかを紹介します。

子テーマで作れる設計

UnderStrapは子テーマで制作できるので、メンテナンスがし易いです。
関数の部分であったり、オプションが幾つか設定されており、子テーマからレイアウトなどの設定を変更することが可能です。

子テーマを使うと親テーマのレイアウトや構成をそのまま持ってこないと行けないとよく誤解されますが、UnderStrapではそんな事はありません。

そして、UnderStrapでは子テーマ用のテーマも配布されています。
ただ子テーマが用意されているわけではなくUnderStrapの子テーマとして用意されているので特に構成を考えずに使いはじめれます。

子テーマではタスクランナー(gulp)やSCSSが入っていますので効率的に開発が始められます。

他にも子テーマ前提へBootstrapを組み込んで作られているテーマですと日本語のものだと、Habakiriが有名です。
私も何度かお世話になりました。

機能面の豊富さ

Bootstrapを取り込んでいるのでUnderscoresにはないオプションや機能が標準からあります。

オプションパネル

WordPressのカスタマイズパネルからCSSのカスタムコードを追加できます。
またレイアウトの変更も可能です。

Awesomeが入ってる

Bootstrapがあるので当然と言われそうですが、はじめからAwesomeが入っているのでちょっとした装飾やアイコンがほしいときにすぐに使えます。

Jetpackの対応

Underscoresを使っているので、Jetpackのテーマサポートが付属しています。
※妙なスタイルや設定はありませんので、Jetpackを使わずにUnderStrapの​​ままでも使えます。

WooCommerceサポート

去年あたりからよく話題になっているWooCommerceプラグインにもテーマ側で対応しています。
まだWooCommerceに対応したテーマを作ったことない方はcodeを読むだけでも気づきがあるかもしれません。

オープンソース

先に少し触れてしまいましたがUnderStrapはWordPress.orgの公式テーマディレクトリで配布されている安全と品質を保証されたテーマです。

もちろんライセンスはGPLでUnderStrapは、個人用、商用利用も無料です。

まとめ

WordPressの案件はスピード感を期待される事が多いのでこういった使いやすいスターターテーマを使わない手はないですね。

シンプルな設計なので、codeを読むだけでも勉強になります。

UnderStrap公式サイト

他にもお気に入りのthemeですと、有料ですがこちらのthemeもあります。
benri-theme

機能が豊富でコードを書く量が少なくてもwebサイトが作れるので、案件によってはこちらを取り入れてます。
そのテーマ紹介記事を書いたので、気になる方は御覧ください。

デザインカスタマイズが簡単にできる買い切りのWordPressの有料テーマ

関連記事

WP Social Bookmarking Lightをもっと便利に使う方法... WP Social Bookmarking LightとはWordPressで使用する便利なプラグインです。 簡単にソーシャルボタンが設置できるのでこのブログや他のサイトでも利用させてもらってます。 Twitter のつぶやくボタン、Facebook のいいねボタン、はてブのブックマーク...
TOPページのみの条件取得 WordPressを使っていてTOPページのみ判定する条件が見つからなかったので下記のような判定を作りました。 $url_home = home_url() . '/'; //TOPページのURL $page_url_get = home_url() . $_SERVER; //現在のURL...
このブログのデータが全部消えました(復旧済)... ちょっとした操作ミスでこのブログの全データを削除してしまいました。 気がついた時は愕然としたのですが、ちゃんとバックアップを取ってましたからすぐ復旧できて、トラブルにはならなかったのですが、予定外の事故だったのでなかなか貴重な体験をできました。 サイトのデータが削除されたと気がついた...
WordPress用のスニペット管理にした「mycodestock」... コードのスニペットというと「codepen」とかが割りと有名かなと思っているのですが、PHPのコードの管理ができないのよっとやきもきしていました。 そこでPHPも登録できるようなサービスを見つけたのでご紹介します。 mycodestock mycodestockで気...
PHPがわからないけどWordPressをもっと理解したい人向けの電子書籍(441円)... WordPressを使っているけどPHPがよくわからない人向けの電子書籍がありましたのでご紹介。 ※ステマじゃないです WordPress3.5対応 テーマカスタマイズのためのPHP 表紙がシンプルすぎるのが残念です。表紙で損をしている気がします。 タイトルを見るとテーマカスタマ...
WordPressのテーマの作るのに簡単・軽量・快適な開発環境をくれたWocker... これまでWordPressの開発環境はVCCWで作っていましたがちょくちょく名前の聞くWockerを今年になってから試してみたら思いの外良くて開発環境を完全に移行しました。 ※別にVCCWが悪いとか言うわけではなくて、私の目的(テーマ開発)にとっては使いやすかっただけです。 Wocker...