Cntlog

在宅で始められる!Webデザイナで活躍する副業の始め方

Webデザイナのいいところって在宅でできて、初期投資も少なく始められることです。

私の周りでも主婦や会社員の中で副業始めたいという声をよく聞きます。
いろんな方に同じようなアドバイスをし続けて来たので、記事にしました。

今読んでくれてるあなたの参考になれば嬉しいです。

副業Webデザインは専業のプロしかできない?

Webデザインって誰でも出来るわけでないんでしょう?と聞かれますが、学べば誰だって始められます。
生まれつきの才能とかは不要です。(私もそんなセンスがあるとか思ってませんし)

実際に数ヶ月でWebデザイナとして就職してる人も見てますので、間違いではないかと。

何から始めれば良いか

じゃあ、いきなり一人でWebサイトを作ってみよーとかだとめちゃくちゃハードルが高いです。
少しデザインツールやテキストの編集など、比較的にすぐ始められそうなものは下記があります。

  • バナー制作
  • ホームページ更新
  • Webライティング

例えばバナー制作でも結構案件はあります。

クラウドワークスのバナー制作案件

数をこなせるようになると稼ぎやすくなるので、小さなところから始めるのがオススメです。

もしスキルアップを望むならUdemyで学ぶのが安くて良いです。
初めての方ですと教材的にはこのあたりが良いんじゃないかな。

Udemy Webデザイン入門オンライン講座

最近はネットで学べる教材がゴロゴロしています。
スキルアップに使えるオススメのサービスは以下です。

この当たりの学習の目的は何かに特化するという程でもないので幅広く色々できていればそれだけ案件だったり、自分の単価を選びやすくなるところです。
できないことが多くなってしまうと、それだけ出来る案件も少なく、自分がやらなくても良いものになってしまいますので。

案件を探す場所

副業といっても求められるスキルはさまざまで、自分にあった案件を見つけるのが大事です。
案件単位のものだと比較的特定のスキルで活躍はできますが、継続というかチームに所属するようなタイプだとレベルの高いスキルを求められるケースが多いです。

もちろん、レベルが高いもののほうが単価は高くなります。

自分から案件を取りに行くスタイル

昔からあるサービスですが、自分ができそうな案件を見つけて積極的にやっていくスタイルです。

メリット

自分で案件を取りに行くスタイルで良いのは、自分のペースで副業が出来ることです。
ちょっとお金がほしいときはその分頑張れば良いですし、他事で忙しいときは、案件を探さなければ良いので続けやすいです。

デメリット

自分から案件を見つけにいかないと行けないので、案件を見つけるまでに時間がかかります。
また、コンペなどの場合作ったものの、自分以外の作品が通ってしまった場合はお金が入ってこないのでちょっとリスキーです。

スキルに自信がない場合

素人ということはないのですが、依頼する側の方がハイクオリティーなことが出来る人を求めているのではなく、自分ができないので助けてほしいくらいの温度感で人を探している事が多いので、スキルが高くなくてもマッチング出来るケースは多いです。

個人的な肌感ですが、副業でも頑張るなら月5〜10万くらいは稼げそうかなとは思います。

老舗は下記の2つのサービスです。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

どちらも、Webデザイン案件が多めです。
コンペ形式など、自分から売り込むスタイルで案件を獲得します。

スキルに自信がある場合

スキルに自信がある場合は単発よりは半固定でやるような案件が多いです。

私がこのスタイルなのですが、半分フリーランスみたいな感じです。
報酬や成果の目安は企業毎に異なります。

例えば

  • 一週間、数時間でいいから手伝ってほしい
  • 時給◯◯円で手伝ってほしい
  • 今週はこの部分をお任せしたい

など様々です。

案件の見つけ方は、フリーランス向けにつないでくれる企業と話するのが手間もかからず良いです。
大手というか評判の良いところは以下になります。

:フリーランス向けですが、独立したら稼げる金額目安が分かります。
ギークスジョブ:フリーランス向け。

どちらも自分のスキルの市場のニーズがわかりますので、独立前の参考にもなりますし、会社員を続ける上でも給与交渉の目安にできます。

高額の時給で働きたい場合ですと「コデアル」さんが有名ですね。

コデアルさんは社長さんと以前面識が合って記事にさせてもらったので、興味がある方はごらんください。

副業に最適なリモートワークOKな求人サイト コデアルがオススメ

スキルを公開して、相手に見つけてもらうスタイル

先程までとは変わって、自分のスキルを先に公開して、依頼者から声をかけてもらうパターンです。
すでに何か実績を持っている人や得意分野がある人だと成功しやすいです。

メリット

自分の好きなこと、得意なことで成果を出せるので楽しいです。

自分の得意どころなどを紹介するために最初の一歩が大変ですが、自分のプロフィールや実績などが公開できてしまえば、ふとしたタイミングで依頼が来ます。

一度スキルを公開してしまえば、スキマ時間で出来るようなタイプの案件なら、ちょっと頑張るくらいの時間の使い方で副業ができます。

困っているという人がお金を払って自分依頼したいという方が多いので、変な高圧的な人や、ややこしい人も少ないです。(わがままな人はいたりしますが…)

デメリット

最初に自分のスキルを公開するのが大変です。

とくに実績もなく、◯◯ができます。みたいな文言だけだと他の方に比べて説得力がどうしてもかけてしまうので何か自分の権威性や希少性がないと声をかけてもらうのが大変かもしれません。

スキルに自信がない場合

先程のランサーズと同様に、自分が困っていて助けてほしい的な温度感のサービスですとココナラが入ります。

ココナラでは、自分ができることを販売できますので、イラストやWebデザインなど自分のスキルを売ることができます。

スキルに自信がある場合

人に求められるスキルがあれば、それを教えてほしいというニーズはあります。
最近は人に教える系の副業サービスが盛り上がってきています。

リアルに合って教えるもの、ネットを通じて教えるものと様々ありますが、人気のあるサービスは以下になります。

ストアカは、自分が先生となって講座を作って生徒を募集するタイプのサービスです。

メンタも講座を作って人に教えるサービスですが、直接合ってというより、チャットなどを通じて人に教えるサービスです。
メンタの良いところは月額課金が前提なので、短い時間で教えるわけではなく、じっくりその生徒さんに合わせて教えれるところですね。

Webデザイナの副業はどんなものがあるか

Webデザイナの副業と言っても結構出来ることは多いです。
普通の会社で行うようにそのサービスの全体を担うようなものもあればスポットだけ依頼されるようなものもあります。

例えば、以下のようなものがあります。

  • 企画
  • ワイヤーフレーム作成
  • デザインカンプ作成
  • バナー作成
  • コーディング
  • LPの作成
  • WordPressのレクチャー
  • SEOの相談
  • デザインシステムの相談

もちろん全部できる必要はありません。
まずは得意な部分を伸ばして、人にアピールできるようになると良いです

もちろんそのまま得意なスキルを伸ばしても良いですし、得意な部分をベースに徐々に手を広げていくのも良いかと思います。

求められるスキル

色々なスキルが求められますが、特にあると良さそうなのが下記のようなものです。

  • リモートワーク(コミュニケーションスキル)
  • デザインスキル
  • コーディング/プログラミングスキル
  • CMS構築スキル
  • 改善/解析スキル
  • マーケティング(広告等)スキル

リモートワーク

基本的には、そのサービス無いのメッセージかチャットツールなどを使うと思います。
IT慣れした人だとその人が使うツールに合わせてコミュニケーションを取ることが多くなりますが、IT慣れしていない人の場合は、あなたが率先してその人に教える事になります。

IT慣れしてない人はまだまだ多いので、自分でリモートワークのコミュニケーションスキルを身に着けて置くと良いです。

デザインスキル

パンフレット、バナー、メインビジュアルなど画像を作って欲しいと頼まれる機会は多いです。
PhotoShopやIllustratorなどが使えるだけでは、「良いデザインスキル」とは言えませんので、人の心を動かすための訴求方法やセンスが必要になって来ます。

特にメインビジュアルを作るような方ですと、自分でコピーライティングとかもできると良いですね。

コーディング/プログラミングスキル

Webデザイナの方でもこの辺が苦手な方は多いですよね。
自分で作りたいものはあるのだけど、それをWebに公開するまでにはどうしたら良いのかと悩んでる方は多いです。

この当たりのスキルはいろんな現場で使えるのでぜひ身につけておきたいスキルです。

CMS構築スキル

ちょっとプログラミングとかぶって来るのですが、CMSも扱えるとさらに幅が広がります。

CSMというとWordPressばかり目につくかもしれませんが、実際はペライチ、jimdoなど管理画面で編集出来るサービスをいくつか知っておくと予算に合わせて提案できるので良いです。

ただどのサービスも自分で作って見ないと何ができて、何ができないのかわからないと後々困るので注意が必要です。

改善/解析スキル

近年この辺の需要が伸びています。
作るだけでは、成果に繋がりませんのでどうやってより良くするかという視点が重要になります。

最近は個人事業主も増えていますので、自分のサービスをもっと伸ばしたいけどどうやって良いのかがわからないという方の需要に答えれると、色々な人から紹介も受けやすくなります。
数字を扱うスキルなので自分の成長も感じられます。

マーケティング(広告等)スキル

ちょっと改善/解析ともかぶるのですが、近年はマーケティングも重要視されます。

SEOの知識も大事ですが、成果をだすまでに時間がどうしてもかかってしまいます。
PPCなど広告の知識があるとその当たりでも自分のスキルを活かすことが出来るのでより色々な分野に参入しやすく、案件の幅が広がります。

広告とかマーケティングって何から学べば…って悩む人は、Googleが行っているデジタルマーケティングがおすすめです。

私も受講してこの講座で結構知識を整理できました。
無料で受講できるます。

以前、デジタルワークショップを記事にしましたので、興味のある人はごらんください。

無料でデジタルマーケティングの基本を教えてくれるGoogleの「デジタルワークショップ」

どのくらい稼げるのか

気になりますよね、私も気になります。

私の場合、色々やってるので上下が激しいのですが、毎月15万は下回らないくらいで副業できてます。
※もちろんそれなりに時間をかけているので、寝ながらちゃりんちゃりんしてるとかじゃないですよ。

私の周りのWeb系の人も自分のスキルを生かして徐々に稼げる金額を増やされています。
大体初めた頃は半年で10〜15万くらいの人が多いかなと言う印象です。

初めた頃だと、案件を見つける事自体が結構大変なので、毎月獲得出来るような人だともっと増やせるでしょうね。

単価を上げるためにやること

私がやってる事で気をつけてる事は以下です。

  • 最低単価を毎年あげる
  • 自分の得意どころが分かるようにする(苦手な事も伝える)
  • 人から紹介されるようになる
  • 良い人としか付き合わない(臭そうな案件は受けない)
  • 値下げしない
  • 初動/返事を早くする

細かく上げればキリはないのですが、単価=(成果に対する)信頼だと私は考えています。
ですので、初回の人でもこの人で大丈夫かな?をいかに早く解消するか(信頼してもらえるか)が重要ですし、リピートの方もこの人ならこれだけ払っても惜しくない(というかこの値段、クオリティを出してくれる人がいない)と思ってもらう事を優先しています。

案件獲得のためにやっておくこと

私の場合、いろんなサービスに登録してたりするので、そのへんからお声がけを頂いたりします。
サテライトサイトを作ってそっちからweb制作の依頼をもらうこともあります。

実はSNSやリアルで付き合いがある人たちよりは、全然別のところで縁があった人からの依頼が多いです。

具体的に何がきっかけで、声をかけてもらえた、案件を獲得できたかというと、下記のようなものです。

  • ポートフォリオ/制作実績を公開しておく
  • 個人事業主/社長などがいるチャットグループに入る
  • SNSで自分の実績を定期的に公開する

ネットから問い合わせもあるのですが、熱意のある人は少ないです。
私の場合は人からの紹介からのほうが良い案件/関係につながる事が多いです。

一点悩みとしては、みんな私を紹介するとき口々に「この人、口は悪いけど、腕は確かだから…」って紹介されるのです。。

最後に

2018年は副業解禁みたいな感じがあってどんどん始める人が増えていますね。

数年後には副業が当たり前の時代が来るかもしれません。どんなときも先行者利益というか、後からの参入がしずらくなるので、副業が気になってる人は今のうちから初めてみてはいかがでしょうか?

私はWebデザイナやプログラマって副業に最適だなと思っているので、一緒の志を持ってくれる人が増えると嬉しいです。

以前Webデザイナが副業をするメリット的な事を記事にしたのでよかったらごらんください。

Webデザイナーに副業をオススメする理由

Cntlog

ユーザーの思考を見落としたデザインから見えてきたもの

ふとECサイトを見ていたら、ユーザーを誤解させるページを見つけました。

悪意があったり、ダサいからダメという類のデザインではなく、初心者が陥りやすい例かなと思いました。
また、小馴れたデザイナでも陥りやすい失敗だと思い、少し自分の中で考察してみました。

“ユーザーの思考を見落としたデザインから見えてきたもの” の続きを読む

Cntlog

現役Webデザイナから見た大阪で学べるWebデザイナのスクールの紹介

私が大阪に住んでるのもあって、その学校の在学生や卒業生の話を聞く機会も多く、またどうやってスクールを選んで良いのかわからないという相談を時々うけますので、大阪エリアにあるwebデザイナ系のスクールをご紹介します。

“現役Webデザイナから見た大阪で学べるWebデザイナのスクールの紹介” の続きを読む

Cntlog

Sketchでワイヤー/デザインテンプレートを作る時に便利なUIキット

SketchはUIデザインのツールですが、ワイヤーやモックを作ときも便利です。
簡単すぎて打ち合わせの中で画面を作りながら話をすることもあります。

やはりクライアントさんと話を進めるときは対面しながら同じものを見てやれると話が進めやすいです。

本記事では、ワイヤーを作るときに私が使っているテンプレートを幾つか紹介します。

UI系の素材

Atomic Design Template Sketch Resource

Atomic Designのワイヤーフレームテンプレートです。

データをダウンロードする

Wireframe Kit for Atomic Design Sketch Resource

こちらもatomic designを意識したものですがUIパーツが豊富です。
こういうのを一つ持っておくと、便利です。

データをダウンロードする

Mobile UI Wireframe Kit Sketch Resource

アプリなどで、画面のフローを考えるときに便利です。
最近プロトタイプも流行っているので、デザイナ/プログラマとのコミュニケーション、意識合せをするのによく使います。

データをダウンロードする

有料で使いやすいもの

Sketchは色んな人がダウンロード出来るように無料でUIを公開しているのですが、有料のものもあります。

私も最初は無料のものばかり使っていたのですが、最近は有料のものを購入してそっちを使い続けてる事が多いです。

購入する場所

幾つかUIテンプレートを購入できるサイトはあるのですが、私はui8さんが気に入ってここで探して購入しています。

https://ui8.net/

気に入ってる点は、価格が安い(5000円くらいで大体買える)ところと、人気のもの、新しいもの、セール中のものが簡単に探せるからです。

またカテゴリもUI Kitやワイヤーフレームなどに分けられていて必要なものが探しやすいからです。

singleton-2

LPなどに使えるテンプレートです。
ブログやEC系などジャンル別によく使うデザインが含まれているので、組み合わせでデザインに反映できます。

価格 $48
https://ui8.net/products/singleton-2

Frames Wireframe Kit

主にPC版になりますが、これ一つでクライアントとの打ち合わせがスムーズにいけます。
色んなレイアウトのデザインがあるのでこれに構成していくだけで、いい感じのページを作っていけます。

あと、有料の素材系の中ではめずらしく、$12と格安です。

価格:$12
https://ui8.net/products/frames-wireframe-kit

その他

Sketch Hunt Arrows and Lines Pack Sketch Resource

データをダウンロードする

Phoenix Startup UI Kit Pro

こちらも、組み合わせでサイトが作れちゃう系ですが、これの凄いところはこのデザインのHTML/CSS/JSのテンプレートが含まれているところです。

Sketchで確認をとれたらすぐにコーディングの方でその組み合わせを反映してすぐに公開まで辿りつけます。

価格:$88
https://ui8.net/products/phoenix-startup-ui-kit-pro

最後に

Sketchは軽くて、使いやすいので様々な場面で活躍します。

デザインのテンプレートも豊富にあるので、デザイナがいないときでも組み合わせで素敵なデザインが出来上がります。

短縮できた時間はコンテンツやマーケティングを考えるのに使えるとよいですね(ゝω・)

Cntlog

Webサイトの請求書を出すときに気をつけている事

私は副業でWebデザイナーの仕事を2014年くらいからしています。

初めは友人や知り合いから受けていたのですが、SNSやポートフォリオを通じて、面識の無い方からもご依頼をうけるようになりました。

そこで悩んだのが、請求方法や項目の付け方でした。
当時周りに副業でWebデザイナをしてる人がいなかったので相談もできませんでしたが、自分なりにやりやすいと思っている方法を紹介します。

請求書に必要な最低限の項目

副業でも仕事をしたら、サービスの代金について請求書を作成して送付してます。
請求書は法人なら7年、個人事業主なら5年間は保存義務がある証憑(しょうひょう)書類の一つ。
税務調査が入ったときの証拠書類にもなりますので、無くさないようにしてください。(後ほど紹介ますが、私はクラウドに保存しています)

請求書に決まった書式はありませんが、国税庁のウェブサイトに「請求書等の記載事項や発行のしかた」として、以下の5項目は記載するよう勧めています。

  • 書類作成者の氏名又は名称
  • 取引年月日
  • 取引内容
  • 取引金額(税込み)
  • 書類の交付を受ける事業者の氏名又は名称

これらの項目が記載されていれば、フォーマットは気にする必要はありません。

見積もりを出してからのポイント

請求書を作る時にまず1番気をつけてる事は、当たり前の事ですが見積もり時から金額が変わっていないかです。

ざっくり見積もりをだして、その後に相手からの想定以上の指示が来た場合は金額が膨れ上がります。

この金額を相手に伝えずに、作業を進めて最後に変更した金額を伝えると大体怒られるか驚かれます。

ですので、見積もり書を随時アップデートして、先方に共有していくのが重要です。

ですので、見積もりは口頭ではなく、書面はテキストなど後で見返せるものを使ったほうが良いです。

私は見積もりはスプレッドシートかMisoca(みそか)を使っています。

支払期日、支払期日

納品が終わったあたりで、「請求いつにしましょー」ってクライアントさんに確認しています。
「納品月末締め・翌月払い」が多いですが、「納品月締め・翌々月末払い」の場合もあったりと会社によって違うので、必ず確認しています。

もちろん、月末など関係なくすぐ払っていただける方もいらっしゃるのでそういったところは私は大好きです。(支払いをもらうまでがお仕事です)

また支払い期日も必ず記載しましょう。

たまに振込を忘れてるかたがいらっしゃるので、支払い期日を記載しているとクライアントさんに指摘がし易いです。
また自分でもあれ?振り込まれてない?なんて事があっても気が付きやすいです。
※misocaだと請求書送った/振込済みなどステータス管理出来るのでそうしています。

未だにお会いしたことはないのですが、「支払日が書いてないんだから、いつ払ってもいいでしょ」みたいな人がいるかもしれませんのでそういった人の対策にも繋がります。

作業項目を明確にする

見積もりのときの項目とかぶるのですが、作業項目をある程度明確にしてお送りしています。
「Webサイト制作一式」とかにしてしまうと、何にお金を払ったのかが見えにくくなってしまうからです。

かと言って細かく書きすぎると請求書が複数枚になってしまいかねないので、備考欄に最終の見積もり書の内容を確認できるリンクを記載しています。

振込の手数料

振込で揉めそうになるのが手数料です。
これは結構頻度が高いのですが、何も言わないと振込手数料を差し引いた金額で振り込まれたりします。

請求書の備考欄には必ず「恐れ入りますが振込手数料はご負担をお願いします」と記載しています。

misocaで管理すると楽だった

これらの事を楽に管理するのに落ち着いたのはMisoca(みそか)でした。

Misocaは無料でも使えます。請求書の発行枚数に制限がありますが、副業であればそんなに超えることはないと思いますし、それだけ数が多いなら時間短縮のために月額の支払いをする価値はあります。

misocaでは見積もり/請求書発行を管理しています。
請求書をPDFだけでなく、URLでも送れるのでチャットでも送りやすくて重宝しています。

他にも、請求書を紙で送ってほしいというところにも対応していています(1通160円です)。
紙で送るって実は凄く面倒(プリンタで印刷して、封筒と切手を準備して宛名を書いて、ポストに入れる)というのを考えると、お金を払って終わるならそうしたほうが楽です。

またクラウドで請求書を管理しておくと、確定申告のときに素早く手を付けられます。
私は確定申告については、私はMFクラウドを使っています。

最後に

請求書とかお金周りってそれだけで利益を生み出すものではないのですが、時間は一定数かかります。
慣れてくると減らせるのですが、それでも時間短縮したい部分だと思います。

見積書/請求書は一つのところにまとめて置かないと、後々管理が大変になってくるのであなたも自分のやりやすい方法を見つけてくださいね(ゝω・)

Cntlog

Webデザイナーでの在宅勤務のメリット・デメリット

もうかれこれ在宅勤務をはじめて2年近くが経ちました。

この2年でリモートワーク・在宅勤務の人が非常に増えています。
とはいえ、制度としての存在は知っていても、導入ができていない人・ところが多いのも実情です。

私の経験ですが、在宅勤務・リモートワークのメリット・デメリットをご紹介します。

“Webデザイナーでの在宅勤務のメリット・デメリット” の続きを読む

Cntlog

一般データ保護規則(GDPR)対策によるGoogleAnalyticsのデータ保持期間を変更するリスク

「一般データ保護規則(GDPR)のお知らせがGoogleからメールがあったのをきっかけに、色んなところで、「Googleアナリティクス」のデータが削除される懸念の記事やツイートを見かけました。

私も「ああ、危ないな」と思って設定をいつか変えなきゃと思っていたのですが、運良く博識な友人達のこの件の討論を見かけて、削除しない設定にしちゃ駄目だなという気持ちになりました。

私が何を誤解していて、なぜ削除期間の設定を変えなかったのかをメモしておきます。
“一般データ保護規則(GDPR)対策によるGoogleAnalyticsのデータ保持期間を変更するリスク” の続きを読む

Cntlog

Udemyの口コミ・評判を調べてみた

Udemy(ユーデミー)の口コミや評判を調べてみました。

何気なく調べてみると、満足してる人、いまいちだった人といますが大方満足しているひとが多かったです。

良かったという口コミ

通勤時にも使いやすいUdemy

私もこれらの方と同じ感想ですが通勤時に使っていて使いやすかったです。
Udemyのいいところは動画をダウンロードしておけるので、通信容量を圧迫することはないのでありがたいです。(結構ダウンロードしておける動画学習のサイトって少ないんですよね)

Udemyのセールと価格について

Udemyの人気の理由は私は価格だと感じています。
口コミを調べていると、皆さんコスパの良さを言及している方が多いです。

だいたい何らかしら、セールをやっていることが多いので安くなっているときにまとめて買っている方が多いみたいです(私もその一人です)

安くなっていないか、ついついチェックしてしまいます。

Udemy

内容についての口コミ

私もudemyの動画は内容の質が高いのが良いところだなと感じています。
本などですと、初心者向けで全体をカバーするものが多かったりするのですが、udemyですとピンポイント知りたいところを学べたり、講師の方に質問できるのが良いなと思っています。

悪かったという口コミ

確かに私も「うーん」と思う動画には出会ったことはありますが、講座を買う前に一部視聴できますし、評価やコメントとみて購入を購入を決めていますね。

私も買って失敗したかな?と思う講座はありましたが、udemyには30日返金制度があるので、それを利用すると良いですよ。

確かに外で動画を見ようとすると結構重くなってしましますので、私は外で見るときはあらかじめ講座をダウンロードしています(一括のダウンロードや講座の章毎に個別ダウンロードするなど選べます)

最後に

Udemyの口コミや評判を調べて見ましたが、大方私も同じ感想で多くの人を満足させているサービスだなと思います。
特に満足されている方はプログラミングやWeb系の方が多いようですね。

私自身でUdemyを使ってみた感想を下記で記事にしているので、よかったらごらんください。

動画学習サービスUdemy(ユーデミー)を1年間利用してみた評判と感想