無料で簡単にお問い合わせフォームと顧客管理ができるformrunの紹介

無料でインターネット上の問い合わせフォームを作成し、問い合わせのあったユーザーの情報や対応状況などを管理できるサービスが「formrun (フォームラン)」です。

この記事では、formrun (フォームラン)の魅力を紹介します。

formrun (フォームラン)の良いところ

私がformrunを検索していたときの理由は、「WordPress以外でフォームを作りつつ、問い合わせ情報を一括管理する」と仕様にあったものを探していたからです。

もちろん、作れと言われれば作れるのですが、なにぶんその時のプロジェクトにはそんな予算がなく、「何かそんなサービスがないかなー」と思って見つけたのがformrun (フォームラン)です。

formrunで作るフォームは作成が簡単

テンプレートがあるので、それを選んで自分用に項目を追加削除もできるので、理想に近い状態がプログラムなしで作れます。

実際に項目を並び替えたりするだけなので、簡単なものであれば5分くらいで作れます。

formrunのフォームはPHPがなくても動く

作成したフォームはformrunのページにリンクを貼るタイプか、自分のサイトに埋め込むか選ぶことができます。

埋め込みの場合は、javascriptで制御するので、PHPが動かないとダメみたいなことは無いので、どんなサイトにも利用できます。

formrunは完了ページが選べる

フォームを作った場合、完了ページが無いとコンバージョンも取りにくいのですが、formrunで作った場合無料のプランでも完了ページを好きなページにできるので、分析がしやすくなります。

画像のアップロードができる

フォームなんてGoogleフォームでも良いんじゃないかと思われるかもしれませんが、formrunとの大きな違いが一つあります。

formrunでは、画像のアップロードが可能なんです。

以前アイドルのオーディションのサイトを作ったことが合ったのですが、そのときに顔写真とかが必須だったので、そのときもこのformrunに助けてもらいました。

無料で使える

なんと言っても無料で使えるのがありがたいです。

フォームも3つまで無料で使えるので、だいたいのサイトで無料で使えるんじゃないかな。

問い合わせを転送できる

問い合わせがあった場合、好きなメールアドレスに転送できますので、管理画面に行かなくても問い合わせが合ったことに気がつけます。

CSSで見た目を変えられる

埋め込み式の場合になりますが、自分のサイトにあるCSSでデザインをカスタマイズできます。

googleフォームだとこれができないので、この点でもformrunを選ぶ価値があります。

フォームに入力された情報をチームで管理できる

これは問い合わせフォームの管理画面です。

こんな感じでステータス毎に問い合わせ内容を視覚化できるの、今その問い合わせがどんな状況なのかが一目瞭然ですので、ちょっとした顧客管理に活用できます。

乗り換えも楽

問い合わせがあった情報はCSVでも吐き出せるので、途中からFormrunを使わなくなっても簡単に乗り換えができます。

価格

formrunは無料でかなり使えますがもちろん有料版もあります。
有料版になると、月々4,980円~になります。

有料版にして大きなメリットになるのは、やはりフォームの数が無制限になるところとデータ検索周りでしょうか。

イベントやキャンペーンのように短い期間に専用のフォームが必要になる案件などですとかなり強いです。
ドメインの制限もないので、複数のサイトに利用できるのも嬉しいところです。

導入した企業の口コミ

BASE

時間がない、リソースがないなかでも、妥協なくキャンペーンを展開できる力強い味方

チャットワーク

formrunは、フォームの設置だけではなくデータベースも用意されていて、導入した瞬間からすぐに使える

favoy

スピードが求められるような環境が多い、 スタートアップやスモールビジネスをされているチームや担当者には最適のサービス

最後に

formrunはHTMLやPHPがわからない方でも無料で簡単、かつめちゃくちゃ便利に使えます。

チームで活用する場合は問い合わせ内容が見える化できるので、属人化しない運用が可能になります。

普通のフォームを使うよりもformrunのほうが良い!なんてケースはたくさんあるかと思いますので、ぜひ皆さんもformrunを使ってみてください。

【formrun】

この記事を書いた人

conti

大阪で東京の事業会社でフルリモートワークで働いているWebデザイナーです。副業とか好きで週末フリーランスしてます。
コードを書くのが得意なのでプログラマーに愛されるデザイナーってよく言われます。
プロフィール