静的サイトの確認に便利なWebサービス LINC

最近はめっきりフロントエンドの開発ばかりになり、サーバーのホスティングはNetlifyに任せっきりになっています。

さほど不満はなかったのですが、人からフィードバックをもらうことがしづらいということが時々ありました。

そういった開発途中の状態でフィードバックをもらえるサービスがありましたのでご紹介します。

LINC

LINCでできること

LINKはgithubと連携してコミット単位・ブランチ単位のプレビューページを作ってURLを発行してくれるサービスです。

これができると、リリース前の確認もしやすくチームでの開発も楽になったりコミットに対してのレビューやフィードバックもやりやすくなるメリットがあります。

始め方

LINCのアカウントを作成して、githubに連携するだけで基本的なことは終わりです。

後はリポジトリを登録して、そのリポジトリにあるpackage.jsonにLINC用の記述をするだけです。

例えばnuxt.jsのgenerateを使う場合はこんな感じです。

npm install --dev @fab/static

package.jsonのscriptに追記

"scripts": {
"build:fab": "npm run generate && npm run fab:compile",
"fab:compile": "fab-static dist"
}

始め方のドキュメント

これだけでをコミットすれば設定は完了です。
今後はそのリポジトリに大して、プレビューリンクが作られるようになります。

LINCの価格

個人利用であれば無料かつリポジトリの制限なしで使えます。

Price

LINCがもたらしてくれる価値とは

基本的には良質なフィードバックがもらいやすくなるというところが大きいです。

特にチームで開発してる人はコミュニケーションの活性化にも繋がりますし、開発以外の人たちからのフィードバックも得られるようになるでしょう。

またクライアントワークのときもブランチ単位でチェックの合否を貰えるのでリリースもスムーズになるはずです。

LINC

この記事を書いた人

conti

大阪で東京の事業会社でフルリモートワークで働いているWebデザイナーです。副業とか好きで週末フリーランスしてます。
コードを書くのが得意なのでプログラマーに愛されるデザイナーってよく言われます。
プロフィール