WordPressのカスタマイズしやすいのスターターテーマ Understrap

みなさんはWordPressの案件をするときはどんな開発フローをされてますか?
1から作るひともいれば、何かフレームワーク的なものを入れて作る人、スターターテーマを使って作る人、子テーマ前提で作る人など様々な進め方がありますね。

私は去年までは「Underscores」を使って開発していましたが、最近WordPressの開発では、UnderStrapというテーマを使っています。
UnderStrap公式サイト

UnderStrapとは

UnderStrapは、WordPressの開発元となるAutomatticのUnderscoresのスターターテーマと、レスポンシブにも対応しているBootstrap4を組み合わせたものです。

WordPress.orgの公式テーマディレクトリに掲載されており、管理画面からもダウンロードできます。

スターターテーマは開発を始めるときの手間を減らしてくれる便利なものです。
Underscoresは長年愛され・実績も信頼もスターターテーマで、とても使いやすいです。
ただUnderscores単品で使うことは少なく、何かのフレームワークと組み合わせて作る事が多かったです。

Underscoresを使えばBootstrap4で最適化された最低限の構成で制作を始められるので瞬発力が高まります。

便利なポイント

UnderscoresとBootstrapを使ったテーマは数多くありますが、なぜ私がUnderStrapが良いと思えたかを紹介します。

子テーマで作れる設計

UnderStrapは子テーマで制作できるので、メンテナンスがし易いです。
関数の部分であったり、オプションが幾つか設定されており、子テーマからレイアウトなどの設定を変更することが可能です。

子テーマを使うと親テーマのレイアウトや構成をそのまま持ってこないと行けないとよく誤解されますが、UnderStrapではそんな事はありません。

そして、UnderStrapでは子テーマ用のテーマも配布されています。
ただ子テーマが用意されているわけではなくUnderStrapの子テーマとして用意されているので特に構成を考えずに使いはじめれます。

子テーマではタスクランナー(gulp)やSCSSが入っていますので効率的に開発が始められます。

他にも子テーマ前提へBootstrapを組み込んで作られているテーマですと日本語のものだと、Habakiriが有名です。
私も何度かお世話になりました。

機能面の豊富さ

Bootstrapを取り込んでいるのでUnderscoresにはないオプションや機能が標準からあります。

オプションパネル

WordPressのカスタマイズパネルからCSSのカスタムコードを追加できます。
またレイアウトの変更も可能です。

Awesomeが入ってる

Bootstrapがあるので当然と言われそうですが、はじめからAwesomeが入っているのでちょっとした装飾やアイコンがほしいときにすぐに使えます。

Jetpackの対応

Underscoresを使っているので、Jetpackのテーマサポートが付属しています。
※妙なスタイルや設定はありませんので、Jetpackを使わずにUnderStrapの​​ままでも使えます。

WooCommerceサポート

去年あたりからよく話題になっているWooCommerceプラグインにもテーマ側で対応しています。
まだWooCommerceに対応したテーマを作ったことない方はcodeを読むだけでも気づきがあるかもしれません。

オープンソース

先に少し触れてしまいましたがUnderStrapはWordPress.orgの公式テーマディレクトリで配布されている安全と品質を保証されたテーマです。

もちろんライセンスはGPLでUnderStrapは、個人用、商用利用も無料です。

まとめ

WordPressの案件はスピード感を期待される事が多いのでこういった使いやすいスターターテーマを使わない手はないですね。

シンプルな設計なので、codeを読むだけでも勉強になります。

UnderStrap公式サイト

勉強になるといえばあと一ヶ月もすればWordCamp Kyoto 2017ですね。

WordCamp Kyoto 2017

また当日のプログラムが公開されたないのでどんな内容なのかわかりませんが楽しみですね。
(ポスターもまだ見たことないです。)
(すでに200人近く参加登録されているようです。)

私も当日行く予定(LTできる事が決まれば参加)ですので、もしこんなテーマも便利ですよとかあれば教えてください(ゝω・)

WordPressサイト用のgulp/gitで開発環境を作ってみた

先日、WordPress用のこのブログ用にテーマを作ったのですがその時、開発環境も更新してみました。
これまでSCSSくらいしか使っていなかったのですが、最近はgulpも少しずつ使えるようになってきたのでそのあたりの更新です。

“WordPressサイト用のgulp/gitで開発環境を作ってみた”の続きを読む

WordPressのテーマの作るのに簡単・軽量・快適な開発環境をくれたWocker

これまでWordPressの開発環境はVCCWで作っていましたがちょくちょく名前の聞くWockerを今年になってから試してみたら思いの外良くて開発環境を完全に移行しました。
※別にVCCWが悪いとか言うわけではなくて、私の目的(テーマ開発)にとっては使いやすかっただけです。
“WordPressのテーマの作るのに簡単・軽量・快適な開発環境をくれたWocker”の続きを読む

WordPressが私に教えてくれたこと

先日行われたWordCampKansai2015でちょこっとLTしてきました。
LTスライド WordPressとコミュニティと私

前日にLTの話をいただいたのでこのスライドは一晩で書きました。
思い出に浸りながら書いていたのですが、WordPressは私に色々な影響を与えてくれたことを思い出しました。
それはWordPress関係以外にも広がり、もし私がWordPressと接していなかったら今の私はないなと思えるくらいです。
ちょっとそんなWeb屋反省を振り返ります。

“WordPressが私に教えてくれたこと”の続きを読む

WP Social Bookmarking Lightのいいねボタンのレイアウト崩れの直し方

このブログのソーシャルボタンは「WP Social Bookmarking Light」を使っています。
気がついたら「いいねボタン」だけ数px低い位置にレイアウトされていたり、段落落ちして広告に隠れてしまったりしていましたのでその修正方法をメモ。
01
“WP Social Bookmarking Lightのいいねボタンのレイアウト崩れの直し方”の続きを読む

WordPressのハッカソンに参加した振り返り

先日第23回WordBench大阪に参加してきました。
今回はテーマを作ることが目的でチームは各自作りたいテーマ毎(6組)に別れました。
公式テーマにできることを想定して作るということでLICENSEもGLPのものを使うように制限されたのが印象的でした。

ハッカソンとは「ハック」と「マラソン」を組み合わせた造語で、チームを作って技術とアイデアを競い合う開発イベントの一種です。
“WordPressのハッカソンに参加した振り返り”の続きを読む