Cntlog > マーケティング > 今私の中で熱のあるマーケティング・オートメーション「mautic」

今私の中で熱のあるマーケティング・オートメーション「mautic」

去年辺りからマーケティング業界ではオートメーションが一つのトレンドになっていました。
最近はCMS界隈にもその流れが来たりしてそろそろ本腰入れないと業界から取り残されてしまうなと思ってビクビクしています。

私はmarketoEloquaといった大手ベンダーのMA(マーケティングオートメーション)ツールからカイロスといった安価なマーケティングオートメーションと一通り触れる機会が有りました。
私は一つの案件にがっつりわけではなく小規模な案件を複数回すようなディレクターなので高価なマーケティングオートメーションツールは中々使いきれていませんでした。
かと言ってカイロスほどシンプルすぎると物足りない感がありました。

マーケティングオートメーションツールを知った当初、オープンソースでMA(マーケティングオートメーション)ツールがあるのを知り、以前注目していたのですが、最近ぐっと盛り上がってきた勢いを感じて再注目しています。
それがmauticです。
mautic

mauticが導入しやすいの理由

無料
MAツールは正直言うと他のサービスに比べて費用がかかるものが多いです。
元を取れる運用ができるところは予算が潤沢にあるところになってしましますが、mouticは基本無料です。(クラウド型で使う場合は費用が発生する選択肢もあります)
無料のマーケティングオートメーションツールもありますが、リード数やページビューによる従量課金である場合が多いで初めての導入にも最適です。
導入が簡単で選択肢がある
多くのマーケティングオートメーションはクラウド型ですが、mauticはクラウド型とオンプレミス(自分のサーバーに入れれる)と2つ選択肢があります
オンプレミスで導入する場合も他オープンソースのCMSに似た感じのインストール方法でそれほど難しくありません
MA(マーケティングオートメーション)ツールを導入する時の壁として予算の他に個人情報をクラウド上に預けるのを懸念する企業は結構あるのでこの選択肢があるのは結構大事だと思います。
オープンソースであること
オープンソースなのでコードが公開されているのでのコミュニティ活動が盛んになっています。
コミュニティ活動が盛んで人気になったものというとWordPressやconcrete5が有名ですね。
コミュニティ活動が盛んになれば実際に使える人も機会も増えて行き、さらにmautic自身も進化するスピードが加速する可能性が高いです。
管理画面が日本語で扱える
マーケティングオートメーションツールの一つの壁に言語の壁があります。
ローカライズ(翻訳)されたツールもあるのですが、日本語の表記がおかしかったり、一部だけ対応して他主要な画面は英語のままとか結構あります。El○quaとか…
マーケティングオートメーションは現場との意思疎通が必須なので、ITが苦手な人だけでなく英語の壁も合ったりすると使える人が限られてしまいせっかくのツールも生かしきれないものになってしまいます。
その点mauticは日本語化がデフォルトで選択可能なので安心です。

mauticで出来ること

無料だからといってバカにしちゃいけません。
mauticでできることはかなりあります。
むしろ有料のツールでも出来ないことが出来てたりするのですごいです。

リード管理
mautic用のタグを入れたサイトにアクセスしたユーザーは自動的に匿名のユーザーとして登録されます。
そこから、状況を追跡できます。
例えばそのユーザは過去にどのページにアクセスしたか、送付されたメールの開封有無、ソーシャルメディアでの行動など、googleアナリティクスでは見ることができなかった個人の動きを追うことができます。
キャンペーン
キャンペーンというものを設計してユーザーがどのページにアクセスした時にや、メールの開封の有無など条件を付けてマーケティングを自動化します。いわゆるシナリオの作成と言われるものです。
メール
適切にリスト化されたユーザーを選び、ユーザーに合ったEメールを手動もしくはキャンペーンを通して計画、実行することができます。
もちろん開封率とかも取れます
フォーム
サイトにアクセスしたユーザーの情報を収集するための独自のフォームを作成することができます。
作成したフォームはランディングページビルダーで利用したりできます。
ポイント
サイトにアクセスしたユーザーの行動に対してスコア(得点)を付けることができます。
ユーザーの属性や行動に応じてポイントの付与したりして、見込み客のレベルを可視化します。
ランディングページ
管理画面内でランディングページを作成することができます。
用途は色々です。
アセット
問い合わせ獲得のコンテンツの元になる資料や動画ファイルなどを管理します。
レポート
マーケティング効果を検証するためのレポート機能です。
ページアクセス、メール開封、アセット(資料など)のダウンロード数などの数字が見える化されます。

私がmauticに期待すること

マーケティング・オートメーションはまだまだ一般化されておらず、情報もクローズなものが多い印象です。

また、マーケティング・オートメーションという言葉が一人歩きして、マーケティング・オートメーションの導入した=勝つる。みたいな考えをmauticを使うことで「違う」と気がついてもらいたいです。

マーケティング・オートメーションは導入しただけでは何の成果も上げてくれません
マーケティング・オートメーションはユーザーの声を聞ける人がきちんと使うべきツールです。
目標も目的もないWebサイトには無用のツールです。

mauticを通して、これまで運用(放置)してきたWebサイトに対して向き合うきっかけになればと思っています。
きっとmauticはそれに応えてくれます。

最後に某CMS(W○rdPress)のように「無料だから安くできるんでしょ(^ω^)」って風潮だけは勘弁願いますぞ(*ゝω・*)

関連記事

コミケで話題の岩本町芸能社のマーケティングの改善案をWebデザイナーが考えてみた... Twitterでコミケで爆死している「岩本町芸能社」というコンテンツ見ました。 コンテンツの見栄えからすると、そんなに悪くなさそうなコンテンツなのに、準備不足と、運営会社とユーザーのコミュニケーションが取れてないのが原因で大失敗したようです。 人の失敗を笑うだけなら、次に繋がらないので、...
公開6日で100万PVを叩き出したWebサイト「俺の嫁が可愛い」を公開してみて... 軽い気持ちでWebサイトを作ってみたら思いの外バズって6日で100万PVを叩き出すサイトを作ってしまいました。 Webデザイナーとしての経験は長いのですが、公開初日でいきなりバズって、サイトが落ちるなんて経験はなかったのでとても新鮮でした。 サイトを作った経緯 20...
WEBデザイナーとディレクターのためのマーケティング入門の勉強会... 2017/01/21(土)に勉強会に参加してきました。 第61回 WordBench大阪「Webデザイナーとディレクターのためのマーケティング入門」 – connpass 当日使用されたスライドはこちらです。 そこで感じた「Webデザイナーがマーケティング」を知る事について感じた事...
無料でTwitterの運用管理を効率化する SocialDog... twitterの運用って何していいかわからないとか、指針をどう設けて良いのかわからないという方はおりませんか? 実は私もその1人です。 最近フォロワーさんの会社でつくられた「SocialDog」というtwitter専用の運用効率化ツールを使い始めて、今までもやっとしていたtwitterの...