Cntlog > スキルアップ・ノウハウ > Webデザイナがアフィリエイトを始めて学べること

Webデザイナがアフィリエイトを始めて学べること

去年から少しずつアフィリエイトを始めました。
きっかけはこのブログに広告を貼ってほしいを言われたのがきっかけです。

タイミングと商材との相性がよかったせいか、すぐに成果は出てきましたので、それで興味を持ちました。

もともとブログを書くのは苦ではなかったので、アフィリエイトをやることに抵抗はなかったです。

今でこそ、アフィリエイトを通じて学べる事が多くあったので、やっていてよかったなとか思ってます。

アフィリエイトから学べること

新しい気付き

最初はただバナーを貼って放置していただけでしたが、成果が出てちゃりんちゃりんできるとやっぱり嬉しいもので、改善をしたい気持ちになります。

ただ改善といってもGoogleアナリティクスとにらめっこしたりするだけでは改善はできません。
改善をするためのやり方を自分で判断出来るのがアフィリエイトで学べる1番の強みになります。

例えば、SEOの事をわかっているというWebデザイナも本で学んだだけで実体験で話しているという人は多くは無いでしょう。

ブログやサイトを自分で持っていて、「このキーワードで順位を上げたい」「成果の出るキーワードを考えたい」「コンバージョンを上げたい」と言ったものでも、自分の経験で話せないと説得力が薄れてしまいます。

私も本で学んだ事を実践しただけですが、Webサイトで成果を出すためにと聞かれたら提案出来る事は何倍にも増えました。

ここで学んだ事は色んな案件に活きていまして、デザインの事だけ考えてたらこのスキルの伸びはなかったなと思っています。

私が学べた事は以下の事になります。

  • Web解析のスキル向上
  • SEOの知識の向上
  • マーケティングの知識の向上
  • ランディングページのスキルアップ
  • サイトの設計の品質向上
  • 改善を当たり前にする
  • SNS運用(個人とは別の)

Webデザイナとアフィリエイターの違い

Webデザイナーとアフィリエイターの違いはいくつかもあると思いますが、1番の目的は目的の違いだと思っています。
※ここでいうWebデザイナーと言うのは、業務で行っている人を指しています。

受託も自社サービスのデザイナーも各々目的ゴールは違ういます。
それゆえに、自分の目的にあったやり方でスキルを伸ばしているかと思います。

例えば、私の場合はコーディング&ディレクションで、少人数&短期開発を得意としています。

Webデザイナーの場合あくまで、社内やクライアントとゴールを共有してそれに向かって専任で任された部分で成果を出します。

アフィリエイターに関しては、基本的には全部自分で行います。
人の手が足りない場合は、外部パートナーに依頼してチームで制作することもありますが、指示出しは基本的に自分で行い、自分が指示を出されるというのは少ないです。

そして、目的はシンプルに成果を出すことです。

成果を出すためには何かを捨てて、何かを選ぶ必要があります。
アフィリエイターはその頻度がWebデザイナよりも高く感じます。

誤解してほしくないのですが、どちらが良いという話をしたいわけではなく、同じようにWebサイトを作る仕事でも、必要なスキルセットは全然違うという事です。

もっと言うとどちらも出来ると強いよね。って話です。

始め方

Webデザイナーがアフィリエイトを始める事は簡単です。
まずは自分のサイトを作って、提携した広告会社のバナーなどのリンクを貼るだけです。

始めるという意味では、PVがあれば成果が出やすい、AdSense広告なんかがオススメです。
サイトの内容に合った広告を自動的に配信してくれるので、今まで通りのサイト運営に集中できます。
AdSenseは表示されたバナーをクリックされるとちゃりんちゃりんできるので、PVがあれば少なからず毎日ちゃりんちゃりんしてくれます。

ほかにも特定の商品をオススメしたいとか言う場合は、各社ASPに登録する必要があります。
ASPの大手だとA8.netafbあたりです。

もちろん他にもたくさんASPありますが、私はまずは審査が通りやすくて、広告の数も多いA8.netをオススメします。
なんだかんだで、私もA8.netが1番ちゃりんちゃりんできています。

A8.net

そこから改善の方法はいくつかありますが、書いてるとキリがないので興味のある人はお酒の席のときにでも聞いてください。

今どんなことをしているか

このブログ以外でも「俺の嫁が可愛い」「うちの旦那が素敵」などのサイトも運営はしてますが、どうせなら0から作って、どんな風に出来るかを試しています。

正直作った駄目だったーで放置してるサイトもあれば、手を加えて少しずつ伸ばしているサイトもあります。

私一人でWebサイトをそれなりに作れるので、自分が思い描いたもので試せるのは楽しいです。

サイトを作るのが苦手な人でも、WordPressを使えば簡単にサイトが作れるので試してみたら良いと思います。

サイトを作ることに慣れると、アウトプットの質も量も変わってくるので気がついたらスキルアップしてるはずです。

最近webサイト作るのに飽きたとか思ってる人は一度試してみてはいかがですか?

Webデザイナだからこそ、自分が好きなものを推せるようになるのって素敵だと思います。

関連記事

現役WebデザイナーがデザインツールをSketch一択にした理由... 転職を期に制作環境がmacに変わったのもあって二ヶ月前からsketchを導入しました。 ちょっと感動とか恋に落ちるとかのレベルを超えて衝撃的を受けています。sketchまじヤバイ。 以前使っていたデザインツール もともとはFireworksをメインに使っていました。 ただ開発...
これからWebデザイナーを始める人にオススメ。脱Adobeという選択... この記事はSketch Advent Calendar 2016の15日目の記事になります。 皆さんAdobe製品は使ってますか? 私は使っていません(CCの契約はしているけど)。 理由は単純でAdobe以外のツールを使ったほうが私は効率が良かったからです。 私はSketchに出...
デザイナーなら抑えておきたい著作権の勘どころ... 著作権って名称はよく聞くけど、実際はどんなものについているのかよくわからない。 私もそんな一人です。 デザインの仕事をしていると著作権関係の話が時々聞こえてきますのでちょっと調べてみました。 制作者には自動的に著作権がある。 小説、イラスト、写真、音楽などの著作物を制作した場合は自動...
Sassの人気に嫉妬!でもLESSにだっていいとこあるんだよ... 最近「Web制作者のためのSassの教科書 これからのWebデザインの現場で必須のCSSメタ言語 」という本が出版されてSassがさらに注目されていますね。 個人的にはいよいよSass一択になってLESSが淘汰されていっちゃうのかなと心配しています。 そもそもLESSって何?って方もいるでし...
コーディングが苦手な初心者Webデザイナーに上達するCSSの勉強法... Webデザイナーになろうとして、まず最初につまずくのがコーディングです。 CSSは慣れてくると簡単なのですが初めて触るとなると、何から手を付けてよいかわからない、何が正解がわからないなどの理由で挫折する人を多く見かけます。 本記事ではCSSが全然わからない方がCSSのコーディングに慣れるため...
今更だけどretina対応を考えてみた そろそろiPadminiのretina対応が発表されて意識の高い気分の人たちが、「うむ、やはり時代はretinaだな」とか言うんじゃないかと睨んでます。 PC版であまりretinaディスプレイを意識して作った事はないのですが、スマホは別ですね。 まだまだ通信量を下...