Cntlog > スキルアップ・ノウハウ > 動画学習サービスUdemy(ユーデミー)を1年間利用してみた評判と感想

動画学習サービスUdemy(ユーデミー)を1年間利用してみた評判と感想

何かを学ぶというと人に習うか、本で学ぶ事がわりと多かったのですが、最近は動画で学ぶ機会も増えました。

私はUdemy(ユーデミー)という動画学習サービスを利用しています。
今回は一年間ほど、使った感想とUdemyの紹介をしていきます。

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

なぜ動画サービスを利用しようと思ったか

私は普段から何かを学ぶようなタイプなのですが、本で学ぶのが向いていなかったようです。。。

私は少なくとも手を動かさないと記憶に残らないし、文字だけ追っていっても上手く理解していないことが多々ありました。

そこで動画系の学習に触れる機会があって、自分の学習スタイルにフィットしたので、動画系の学習方法が気に入っています。

Udemy(ユーデミー)を使ってみた私の感想

動画で学べるものはいくつかありますが、無料のものだと、中途半端なものが多くて調べるのに時間がかかってしまうのですが、有料で購入できるUdemyは質が高く、まとまった情報が一回で取得できるので時間の短縮に繋がりました。

動画で学ぶ事の何が良いのかというと、いつも気楽に開始できるので、時間の合間に見るとかが簡単にできました。
自分のペースでできるのが良いですね。

動画で学ぶと、人の声と実際の画面などのキャプチャがリンクして表示されるので、結構記憶に残りやすいです。

同じ本を何度も読もうとすると、結構しんどいですが、動画ですと聞くだけで反復というか記憶に刷り込まれていくので、空いた時間に手軽に勉強することができました。

また講師に質問をできるのも良かったです。
質問はブラウザから入力するだけなので簡単にできますし、結構早くに回答は頂けます。
販売しているサービスの評判にも関わるので、質問を放置するってい人少ないでしょうね。(私は質問を放置された事はありません)

講義の質についてはどれも高いです。
私が評判の良いものを選んでいるからかもしれませんが。。

質の高いものを数十時間〜数百時間学べるものがこの価格で手に入るのはうれしいですね。

Udemyの特徴

Udemyの特徴は以下のような感じです。

  • 豊富なカテゴリの講座ラインナップ
  • いつでもどこでも学べる
  • 安価な価格設定
  • オンラインで講師に質問ができる
  • 講師にとって十分な報酬が得られるプラットフォームなので続編が出やすい

豊富な講座ラインナップ

Udemyはもともと海外のサービスですが、ベネッセさんが買収してから、日本での展開も力をいれていて、日本の講師もたくさんいます。

ジャンルとしては、開発、ITとソフトウェア、仕事の生産性、パーソナルライフ&ファミリー、ヘルス&フィットネス、音楽、学問・教養、言語、入試・資格の14個に分類され、提供されています。

私は開発・マーケティングあたりの動画を見ることが多いです。
講座の難易度も豊富にあり初心者向けから経験者(中級者以上)など自分にあった動画を見るけることができます。

WEBサイト構築やサービスの設計など、実践的に活用するためにプログラミングを学びたい方にはオススメです。

例えばWebデザイナー向けの動画ですと下記のようなものがあります。

Webデザイン入門オンライン講座

Udemyでウェブ開発、デザイン、ワードプレスの人気の3コース

プログラミング学習以外の動画も豊富

私の満足度が高いのがマーケティング関連のものです。
私はマーケティングを本で学ぶのが本当に苦手で一回読んだくらいでやめてしまったのですが、動画ですと何度も聞けるので自分の思考に取り込みやすかったです。

なんでもそうなのでしょうけど、瞬時に正解や方向性を導くには何度も経験が必要になります。
動画が経験にはならないかもしれませんが、「人から聞いたやつを実践する」くらいの記憶には残るので経験に繋げやすいです。
どれだけ学んでも忘れてたら意味ないですもんね。

リーズナブルな料金設定

Udemyは月額固定のサービスではなく、自分が気に入った動画を購入するという買い切り型のサービスになります。

ドットインストールやProgateとかですと、月額制なので少し自分のペースでやりにくいですが、本のように買い切りですと自分の状況に合わせやすいですね。

動画の価格は講師が2000円前後の動画もあれば2万円の動画もあり、中には無料のものもあります。

あとここが重要なのですが、Udemyはよくセールをやります
ときには90%を超えるようなセールもするので、そういうときはいになったものはとりあえず買っておくとかで良いと思います。

スマホのアプリでどこでも学べる

動画学習というとPCメインかと思うかもしれませんがUdemyはスマホアプリがでているのでこちらでも見ることができます。

iPhone版 Udemy

Android版 Udemy

スマホに入れて普段から持ち歩けるので、待ち合わせは電車の移動中でも講義をすすめることができます。

スマホで見るとなると通信料が心配になると思いますが、Udemyのアプリにはダウンロードの機能もついているので、一度ダウンロードしておけば通信料なしで動画の再生ができます
ですので飛行機の中などでも見ることができますよ。

実は返金可能です

動画だと本のように全体を立ち読みできないので、購入するのに不安がありませんか?

私も最初購入する時、結構勇気がいったのですが、返金保証(30日以内)があることを知ってからは気軽に買えるようになりました。

実際に海外の講座を購入してみたのですが、やっぱり言語の壁が大きくて断念したのですが、そのときでも返金を申請しても、数時間後に通りました。

こういった手厚いサポートがあるよ利用する側も安心ですね。

最後に

独学で学ぶのに不安があったり、私のように本で学ぶのが合わない人は、一度動画学習をオススメします。

中でもUdemyは講義の内容も豊富なのできっと知りたかった講座が見つかると思います。

本に比べると価格は高く見えますが、そういうときはセールが狙い目です。
結構な頻度で40%OFFくらいはやってたりします。

Webのスクールなどに通おうと思うと、結構な額がかかりますが、もしかしたらUdemyで十分かもしれません。

私もweb系の講座を一つ購入しましたが、経験者目線からかもしれませんが、学校に通うよりも質の高いものを提供しているように感じます。しかも価格は100分の1くらいですw

よかったら一度お試しください(ゝω・)

Udemy

関連記事

RGBAをIE8でも使う簡単な方法 CSS3で使いたい機能というと角丸やグラデーション系が多いと思いますが、割りとRGBAも便利かなと思っています。 PIEを始め、角丸やグラデーションはIE8でも使えるようにという対策はありますが、RGBAはあまり聞きませんね。 私はPHPを使ってRGBAで色指定(透過率も)したものを画像生成する...
gulpで作るスタイルガイドをFrontNoteにした... みなさん、スタイルガイドは使ってますか。 私は今年になって使い始めました。 これまではstyledoccoを使っていましたが、長年メンテナンスされてない不安と、使ってるうちに自分のCSS設計と合わない部分がでてきたので乗り換える事にしました。 乗り換えたスタイルガイドジェネレーターは「fron...
これからの始めるWebデザイナーにオススメ。脱Adobeという選択... この記事はSketch Advent Calendar 2016の15日目の記事になります。 皆さんAdobe製品は使ってますか? 私は使っていません(CCの契約はしているけど)。 理由は単純でAdobe以外のツールを使ったほうが私は効率が良かったからです。 私はSketchに出...
簡単にスクロールアニメーションが設定できるAOS(jQuery不要)... 最近のWebサイトを見ているとメインビジュアルのアニメーション以外にもスクロール時にコンテンツの一部がアニメーションしてるページが増えてきました。 一つ一つJSで操作を管理すると結構手間になりますがライブラリを使えば、簡単に出来るものもあります。 今回はJSをほぼ書かずに簡単にスクロール...
Sassの人気に嫉妬!でもLESSにだっていいとこあるんだよ... 最近「Web制作者のためのSassの教科書 これからのWebデザインの現場で必須のCSSメタ言語 」という本が出版されてSassがさらに注目されていますね。 個人的にはいよいよSass一択になってLESSが淘汰されていっちゃうのかなと心配しています。 そもそもLESSって何?って方もいるでし...
色選び苦手な人に勧めたい、マテリアルデザインのカラーパレットの活用方法(初心者向け)... Google のマテリアルデザイン良いですよね。 特にカラーパレットがいいなと思っています。 サイトを作る際に「何色を使おう」、として色を決めても「じゃあこの色の濃いバージョン、薄いバージョン」などより複数の色が必要になってきてある程度組み合わせの検証の時間が...