Cntlog > スキルアップ・ノウハウ > 動画学習サービスUdemy(ユーデミー)を1年間利用してみた評判と感想

動画学習サービスUdemy(ユーデミー)を1年間利用してみた評判と感想

何かを学ぶというと人に習うか、本で学ぶ事がわりと多かったのですが、最近は動画で学ぶ機会も増えました。

私はUdemy(ユーデミー)という動画学習サービスを利用しています。
今回は一年間ほど、使った感想とUdemyの紹介をしていきます。

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

オトクなキャンペーン情報

Udemyでは、今ブラックフライデーのキャンペーンが開催されています。これは毎年1回行われる最大のセールです。ほとんどの講座が1,200円となっていますので、ぜひこれを機に購入して、学習を始めてみてください。
購入したら講座を始めるのはいつでもできますので、このキャンペーン期間中に気になる講座は購入しておくのをオススメします。

※ブラックフライデーは11月21日(土)までの開催です。 キャンペーンを見に行く

Udemyとは

Udemyは2009年にアメリカで設立されたオンライン動画学習のプラットフォームサイトです。
運営は進研ゼミなどで有名なベネッセが行っています。

以前は海外向けの動画が多かったのですが、最近は日本人も学習動画を投稿するひとが増えています。

以前は5,6万のコースが多かったのですが、最近は価格が全体的に下がっている上、頻繁セールを行い安価で品質の高い教材をゲットできます。

Udemyで出来ること

udemyは会員制のサイトでアカウントを作って学習動画を見ることができます。

投稿されている学習動画はユーザーとは別にいる一般の講師が自分のノウハウを公開しています。

学習動画はほとんどが有料のものですが、無料のものもあります。
無料のものはお試しくらいのボリュームだったり、講師の方を信頼できるかどうかを見極めるくらいの用途かなと思います。

購入した動画は買い切りで一度購入すればずっと見ることができます
また購入した動画の講師に質問ができるのも特徴です。
このあたりは本で勉強するのとは違う感じですね。

何が学べるのか

Udemyはプログラミング、デザイン、マーケティングなどIT系のものが多いですが、プレゼンや経営などのビジネススキルやカメラ・料理などの趣味の学習動画など様々な専門家ノウハウが公開されています。

Udemyの良かったところ

Udemyは学ぶという敷居を凄く下げてくれました。
スマホでもPCでも見ることができますし、特にスマホではダウンロードできるので通信費用を気にせずオフラインのときにでも見ることができます
通勤時にスマホで進めれるのは凄く良かったです。

セールも頻繁に行うので料金的に非常に安いときがあって、「何か気になるものがあれば買っておく」→「時間があるときに見て学ぶ」ができるのでどんどん吸収できました。
※割引の比率はkindleよりも凄いです。

ジャンルも豊富なので、一個買って終わりと言うことも無く、年がら年中学び続けれます。
最近は講師も増えていて講座の数もどんどん増えているので、セールのときにちょっと見に行くと新しいラインナップを見つけて衝動買いをしてしまいます…。

Udemyの類似のサービス

Udemyに似たサービスでschoo  というのがあります。

違いとしては、schooは買い切りのサービスではなくて、月額制980円〜始められます。
他にも学習動画といってもschooは司会がいて、生徒(ユーザー)からの質問に答えながら進行していくスタイルです。

専門家が答えて行くスタイルなので、テレビを見ているような感覚で学べます。

schooは動画の尺が長いので時間がある人はこちらのほうが割安で学べるかもしれません。
ただ生放送の番組もあって時間を合せないといけなかったり、ゆ~ったりしたペースの内容になるので学ぶというより、聞くみたいな感じになります。

udemyは学習教材としてまとめられているのでクオリティも高く、自分の欲しい情報を集中して学べますので、やるべきことが明確な人はUdemyのほうが合っています

他にもオンラインでプログラミングやデザインを学ぶ場合は、ドットインストールやProgateがありますね。
両者はどちらかというと汎用的な入門サイトなので、これらのサイトで学んだあとに、「次もっとこういうことがしたい」という人は、目的に沿った講座を探せるので満足度が高いです。

Udemyで講座を探してみる

Udemyの評判

何でUdemyを知ったか覚えていないのですが、価格も安いし、あのベネッセグループがやっているようなので、変なのではないかなと信頼して始めました。

後日友人にも進めて見たのですが、Udemyを始めた人からは評判は良く私同様好印象です。

使っていて良いと聞いたコメントは下記のものです。

  • 動画の内容が思ってたより、充実している
  • 本を買うより頭に入りやすい
  • 価格が安い
  • 気になるジャンルが多い

といったものです。

なぜUdemyは質が高いのか

udemyをオススメする理由は講義内容のクオリティの高さです。

Udemyはユーザーが評価するシステムがあるので、人気の動画、そうでない動画が購入する前からわかります。

講師はUdemyが用意したものではなく、個人がこのサービスに登録してプラットフォームとして利用しているものです。
こう書いてしまうと素人の講義かと思われるかもしれませんが、その分野で活躍されている人が講師をされているので質も高いですし、何よりこういったプラットフォームで教えようとする意識がある方なので教え方が上手です。

質の高い動画は、必然的にレビューやコメントが増えていき評価が上がるのでその流れで、新たな購入者を増やし続けていきます。
こういったスパイラルが起き続け、優秀な講師に利益が入りやすいので何度も講師は質の高い動画を提供し続けます。

もう一つクオリティが高い理由としてコメントと評価が付けれる事にあると思います。
Amazonのレビューのようにネガティブなコメントがついてしまうとどうしても、購入者が減ってしまいますので、いい加減なものは出せません。
つまり必然的に質の良いものが集まってきます。

実際にUdemyで人気の講座は購入数もコメント・評価の数も高いものばかりです。

口コミや評判を調べて記事にしていますので、よかったらご覧ください。
Udemyの口コミ・評判を調べてみた

なぜ動画サービスを利用しようと思ったか

私は普段から何かを学ぶようなタイプなのですが、本で学ぶのが向いていなかったようです。。。

私は少なくとも手を動かさないと記憶に残らないし、文字だけ追っていっても上手く理解していないことが多々ありました。

そこで動画系の学習に触れる機会があって、自分の学習スタイルにフィットしたので、動画系の学習方法が気に入っています。
Udemyの人気の講座を見る

Udemy(ユーデミー)を使ってみた私の感想

動画で学べるものはいくつかありますが、無料のものだと、中途半端なものが多くて調べるのに時間がかかってしまうのですが、有料で購入できるUdemyは質が高く、まとまった情報が一回で取得できるので時間の短縮に繋がりました。

動画で学ぶ事の何が良いのかというと、いつも気楽に開始できるので、時間の合間に見るとかが簡単にできました。
自分のペースでできるのが良いですね。

動画で学ぶと、人の声と実際の画面などのキャプチャがリンクして表示されるので、結構記憶に残りやすいです。

同じ本を何度も読もうとすると、結構しんどいですが、動画ですと聞くだけで反復というか記憶に刷り込まれていくので、空いた時間に手軽に勉強することができました。

また講師に質問をできるのも良かったです。
質問はブラウザから入力するだけなので簡単にできますし、結構早くに回答は頂けます。
販売しているサービスの評判にも関わるので、質問を放置するってい人少ないでしょうね。(私は質問を放置された事はありません)

講義の質についてはどれも高いです。
私が評判の良いものを選んでいるからかもしれませんが。。

質の高いものを数十時間〜数百時間学べるものがこの価格で手に入るのはうれしいですね。

豊富な講座ラインナップ

Udemyはもともと海外のサービスですが、ベネッセさんが買収してから、日本での展開も力をいれていて、日本の講師もたくさんいます。

ジャンルとしては、開発、ITとソフトウェア、仕事の生産性、パーソナルライフ&ファミリー、ヘルス&フィットネス、音楽、学問・教養、言語、入試・資格の14個に分類され、提供されています。

私は開発・マーケティングあたりの動画を見ることが多いです。
講座の難易度も豊富にあり初心者向けから経験者(中級者以上)など自分にあった動画を見るけることができます。

WEBサイト構築やサービスの設計など、実践的に活用するためにプログラミングを学びたい方にはオススメです。

例えばWebデザイナー向けの動画ですと下記のようなものがあります。

Webデザイン入門オンライン講座

プログラミング学習以外の動画も豊富

私の満足度が高いのがマーケティング関連のものです。
私はマーケティングを本で学ぶのが本当に苦手で一回読んだくらいでやめてしまったのですが、動画ですと何度も聞けるので自分の思考に取り込みやすかったです。

なんでもそうなのでしょうけど、瞬時に正解や方向性を導くには何度も経験が必要になります。
動画が経験にはならないかもしれませんが、「人から聞いたやつを実践する」くらいの記憶には残るので経験に繋げやすいです。
どれだけ学んでも忘れてたら意味ないですもんね。

リーズナブルな料金設定

Udemyは月額固定のサービスではなく、自分が気に入った動画を購入するという買い切り型のサービスになります。

ドットインストールやProgateとかですと、月額制なので少し自分のペースでやりにくいですが、本のように買い切りですと自分の状況に合わせやすいですね。

動画の価格は講師が2000円前後の動画もあれば2万円の動画もあり、中には無料のものもあります。

あとここが重要なのですが、Udemyはよくセールをやります
ときには90%を超えるようなセールもするので、そういうときはいになったものはとりあえず買っておくとかで良いと思います。

Udemyのキャンペーンをチェック

スマホのアプリでどこでも学べる

動画学習というとPCメインかと思うかもしれませんがUdemyはスマホアプリがでているのでこちらでも見ることができます。

iPhone版 Udemy

Android版 Udemy

スマホに入れて普段から持ち歩けるので、待ち合わせは電車の移動中でも講義をすすめることができます。

スマホで見るとなると通信料が心配になると思いますが、Udemyのアプリにはダウンロードの機能もついているので、一度ダウンロードしておけば通信料なしで動画の再生ができます
ですので飛行機の中などでも見ることができますよ。

実は返金可能です!

動画だと本のように全体を立ち読みできないので、購入するのに不安がありませんか?

私も最初購入する時、結構勇気がいったのですが、返金保証(30日以内)があることを知ってからは気軽に買えるようになりました。

実際に海外の講座を購入してみたのですが、やっぱり言語の壁が大きくて断念したのですが、そのときでも返金を申請しても、数時間後に通りました。

こういった手厚いサポートがあるよ利用する側も安心ですね。

効率的な学び方

何本か動画教材で学んだ中で私の学び方が確立できたのでご紹介します。

まず最初に

始めはどんな内容なのか全体を把握します。
通勤中など、移動しながら見ています。

Udemyはスマホにダウンロードしておけるのでオフラインでも見えます(聞けます)。
イヤホン片手に、学べるので凄く気軽に始められます。
この段階では全体把握が目的なので、そんなに集中する必要はないです。

2回目

最初はスライドを見ながらではなかったので、スライドを見つつとにかく手を動かします。
わからない事は初めはスルーしておいて、とにかく出来る!やれた!みたいな成功体験を詰みます。
気になった部分や後でやってみたいことなどは、メモを残しておいてください。

3回目

2回目でメモしておいた、部分をリベンジします。
他にも曖昧になってるところがあれば、その部分を集中してやります。

ググって自分で調べることもありますが、Udemyは動画の作者に質問ができるので時々そちらにも質問します。

こんな感じで学ぶと結構頭に残るのでオススメです。

最後に

udemyの特徴をまとめますと以下のような感じです。

  • 豊富なカテゴリの講座ラインナップがある
  • 買い切りでほしいものだけにお金を払う
  • オフラインでもスマホアプリでみえるのでどこででも学べる
  • 割り引率がすごいときがある安価な価格設定
  • オンラインで講師に質問ができる
  • 講師にとって十分な報酬が得られるプラットフォームなので続編が出やすい
  • 返金可能なキャンセルがある

独学で学ぶのに不安があったり、私のように本で学ぶのが合わない人は、一度動画学習をオススメします。

中でもUdemyは講義の内容も豊富なのできっと知りたかった講座が見つかると思います。

本に比べると価格は高く見えますが、そういうときはセールが狙い目です。
結構な頻度で40%OFFくらいはやってたりします。

Webのスクールなどに通おうと思うと、結構な額がかかりますが、もしかしたらUdemyで十分かもしれません。

私もweb系の講座を一つ購入しましたが、経験者目線からかもしれませんが、学校に通うよりも質の高いものを提供しているように感じます。しかも価格は100分の1くらいですw

よかったら一度お試しください(ゝω・)

Udemy

オトクなキャンペーン情報

Udemyでは、今ブラックフライデーのキャンペーンが開催されています。これは毎年1回行われる最大のセールです。ほとんどの講座が1,200円となっていますので、ぜひこれを機に購入して、学習を始めてみてください。
購入したら講座を始めるのはいつでもできますので、このキャンペーン期間中に気になる講座は購入しておくのをオススメします。

※ブラックフライデーは11月21日(土)までの開催です。 キャンペーンを見に行く

関連記事

Photoshopとかにある描画モードはCSS3で出来るよ【サンプル有り】... CSS3になって角丸はグラデーション、ドロップシャドウなどデザインツールを駆使して行っていたデザインがいとも簡単にできるようになりましたね。 実はCSS3ではphotoshopやFireworksにあるような、描画モード的な表示もできるようになっています。 ...
【JavaScript】PCサイトかスマートフォンサイトを選択させるスクリプト... PC向けサイトにアクセスした際にスマートフォン向けサイトを表示するか選択してもらうスクリプトを書きました。 今回はJavaScriptで作っています。 //iPhone、iPad、AndroidのURLをリダイレクト(選択)させる $(function(){ ...
Webデザイナーとして成長し続けるために気をつけている事... IT業界にいると成長してあたり前のように思われがちですが、成長のスピードにはやっぱり差があります。 私も最初は手探りでスキルアップしていましたが、慣れてくると自分の生活の一部にまで落とすことができました。 本記事では、私が日頃心がけている事を紹介します。 デザイナスキルを上達させる視点を持...
現役Webデザイナーがランディングページのセミナーで学んだこと... 2016/11/05に行われた 「フォルトゥナ ランディングページセミナー」に参加してきました。 デザイン関連の勉強会というのも珍しいですし、しかもランディングページといったあまり表に出てくる事のない勉強会なのもあって新鮮な話・心揺れる話が盛りだくさんで非常に満足の行くセミナーでした。 ...
【サンプル有り】gulpで作るスタイルガイド-aigisに乗り換えました... これまでスタイルガイドジェネレーターはFrontnoteを使っていましたが、この度aigisに乗り換えました。 乗り換えた理由 以前からaigisの存在は知っていたのですが、私はFrontnoteを使っていました。 理由は単純で、Frontnoteだと導入が楽だったからです。 ス...
コーディングが苦手な初心者Webデザイナーに上達するCSSの勉強法... Webデザイナーになろうとして、まず最初につまずくのがコーディングです。 CSSは慣れてくると簡単なのですが初めて触るとなると、何から手を付けてよいかわからない、何が正解がわからないなどの理由で挫折する人を多く見かけます。 本記事ではCSSが全然わからない方がCSSのコーディングに慣れるため...