Cntlog > スキルアップ・ノウハウ > デザイナーがプロトタイプを始めるときに知っておきたいこと

デザイナーがプロトタイプを始めるときに知っておきたいこと

先日FRONTEND CONFERENCE 2018にて「デザイナ主導のプロトタイプ開発のススメ方」という発表をしてきました。

スライドを公開した所自分的にはそれなりに好評のようでしたので、ちょっと記事でも補足したいと思います。

発表したスライド

私がプロトタイプを通じて感じていること

プロトタイプを作る事自体はデザイナがいなくても作れます。
ですが、デザイナがいる中でプロトタイプを作る意味はあります。

特に私が感じている事は開発初期にデザイナが入るとメンバーのコミュニケーションがはかどりやすく、アイデアが形にされるスピードが上がるということです。

プロトタイプは各々自分のイメージやアイデアを口にして伝えることが多く、メンバー間で同じイメージが共有しやすいかと言われればそうではありません。

そこでデザイナが入ることで、イメージの共有・コミュニケーションの活性化が可能と考えています。
とくに、クライアントやユーザーなどITスキルに疎い人などは、小難しい横文字や専門用語が打ち合わせの中で出てくると萎縮してしまいがちです。

ですが、クライアント(プロダクトマネージャー?)などこそが発言をして方向をまとめないとプロトタイプであっても作ったものが歪(いびつ)になってしまいがちです。

デザイナというと完成形で評価されると誤解されていましたが、最近は課程こそ評価できるものなんじゃないかと考えています。

プロトタイプを作れるデザイナーはキャリアアップの一つ

エンジニアであれば年収1000万円の人はそんなに珍しくないかと思います。

しかしWebデザイナはどうでしょう?
正直年収600万以上という人ですら珍しく感じます。
もちろんWebデザイナをベースに転職を繰り返しその金額まで上がる人はいるかと思いますが、エンジニアのように現場で活躍しながら高額な年収を得るのはWebデザイナでは難しいという印象を持っています。(フリーランスは別で考えています)

なぜエンジニアだけがその金額になるのか?を考えるとアウトプットしたものの成果が見えやすい、その人だから作れたというのが伝わりやすいというのが一つあると考えています。

しかしデザインとなると「その人だから作れた」はあってもアウトプットしたもの成果が見えにくいのがデザイナの年収の天井を低くしている一つの要因かと思っています。

当たり前ですが、100万かけて作ったデザインでデザインの良し悪し出300万の利益がでるなら、喜んでデザインに投資する経営者を多いです。

しかしデザインのみでそういった再現性のある利益を出すのは難しいです。
ですので、プロトタイプを使い、ユーザーのニーズはあるのか、市場はどのくらいなのかを簡単にでも知るというのは重要で、それが(ある程度)わかるからこそデザインに投資ができるという事に繋がると考えています。

そして、市場とニーズがわかったとして、後から入ってきたデザイナがそれまでのチームのフィードバックを理解してデザイン出来るかというと難しいです。
もしそれが可能なら、「クライアントとディレクターで打ち合わせ」→「ワイヤーが確定したからデザインする」→「出来上がったデザインでエンジニアが組み込む」といった分業の形でももっと上手く開発ができきるかと思います。

ですので、デザイナ自身がプロトタイプを作る段階からプロジェクトの中心に参加することで、これまで以上にデザインに対しての付加価値を与えれるのではないかと考えています。

この言葉が正しいのかわかりませんが、これもUXデザイナー?の一つのスキルかと考えています。
※スライドの中にある「5つの段階で考えるユーザー中心のデザイン」の部分に繋がります。

もちろんUXデザイナを名乗ったからといって、需要が増え、年収があがるなら今からでも私は名乗ります。
しかし、名乗った所で何も変わらないでしょう。UXデザイナを名乗ることより、「デザイナ」として何ができるのかをアウトプットしてこそ、ニーズに答えれるんじゃないかなと思っています。

なお、私は年収を上げたいわけではなく、原則働きたくないので短い時間で成果を出せるデザイナでありたいと考えています。

分業の体制を脱出したい

WEB/アプリにかかわらず、近年は職域を明確に区切れず、グラデーションのように複数の職域を侵食しながら開発するシーンが増えてきました。

Webデザイナがphpを書けるもの珍しくないですし、エンジニアでデザインをする人もいます。
なぜそういったことが起きてるのかというと、言われたものを作るウォーターフォール式の開発ではなく、柔軟に動けるような開発体制が求められているからと考えています。

昔は分業で開発してる会社が多かったですが、今回りを見ると複数の職域をまたぐ開発者ばかりいます。
※少なくとも私の周りの話です

そんな中でデザイン専業でやっていくのはニーズに応えるのは難しいと思っています。
開発の初期からチームに価値を提供できるデザイナになることは近年のニーズに応えれる一つの方法と思いこんな感じで今後も自分自身やっていきたいなと考えています。

イベント参加者の反応

最後に

プロトタイプを作れるデザイナというのはあり方の一つです。
私はこのやり方が一番「あるべきもの」を作れる近道と思っています。少なくとも今は。

まだまだ開発のフローは変化していきますが、「プロダクトの価値はなにかを自分から整理できるスキル」はデザイナとしてもっていて損のあるスキルではないので、今後時代が変わっても重宝されるかと思います(ゝω・)

関連記事

Webデザイナーが3日でスマホアプリを公開した方法... 最近自分でアプリを作って公開しました。(褒めてください!) ホウビンゴ まじめに3日くらいで作りました。 以前にも一度アプリを出したことはあったのですが、ちょっとコードを変えただけのパッケージものだったのでアプリ作ったとは言いづらかったのですが、今回はちゃんとコードを0から書いて自分で...
色選び苦手な人に勧めたい、マテリアルデザインのカラーパレットの活用方法(初心者向け)... Google のマテリアルデザイン良いですよね。 特にカラーパレットがいいなと思っています。 サイトを作る際に「何色を使おう」、として色を決めても「じゃあこの色の濃いバージョン、薄いバージョン」などより複数の色が必要になってきてある程度組み合わせの検証の時間が...
【サンプル有】日本語WebFont 一歩前進! Google Fonts 日本語早期アクセスのページ... Googleが提供しているWeb FontでとうとうGoogle Fontsの日本語早期アクセスのページが公開されましたね。 これまで日本語WebFontといえばNotoFontが有名でしたが今回の8つのフォントが追加されました。 簡単にですが公開されたフォントを紹介します。 ...
Sketchでワイヤー/デザインテンプレートを作る時に便利なUIキット... SketchはUIデザインのツールですが、ワイヤーやモックを作ときも便利です。 簡単すぎて打ち合わせの中で画面を作りながら話をすることもあります。 やはりクライアントさんと話を進めるときは対面しながら同じものを見てやれると話が進めやすいです。 本記事では、ワイヤーを作るときに私が使って...
10分で作れるレスポンシブ(サンプル有)... レプポンシブデザインが当たり前とされてきた昨今、意外にもまだレスポンシブで作った事のないWEBデザイナはたくさんいます。 オーバーテクノロジーのように難しく考える方が多い印象がありますが、ただ実装するなら10分もあれば使えます。 まずはレスポンシブを知る。 レスポンシブは端末によってレイア...
gulpで作るスタイルガイドをFrontNoteにした... みなさん、スタイルガイドは使ってますか。 私は今年になって使い始めました。 これまではstyledoccoを使っていましたが、長年メンテナンスされてない不安と、使ってるうちに自分のCSS設計と合わない部分がでてきたので乗り換える事にしました。 乗り換えたスタイルガイドジェネレーターは「fron...