Cntlog > 開発 > はじめてGitをチーム制作で使った感想

はじめてGitをチーム制作で使った感想

Gitは1年位ぼっちで使っていましたが、初めてチームでGitを使うことがあったので、その所感を記載します。

Gitは複数人で使ってこそ、その力を発揮する

Gitのメリットは履歴が残る事だと痛感しました。
誰が、いつ、どこを、何のために変更・追加したのかが明確なので、無駄なコミュニケーションが省けます。

こういった事が明確になるとバグを発見した際も担当者に確認せずにスムーズに修正できるのもメリットと感じました。

今回私は自宅で作業する事が前提だったので、朝起きてPull、夜家に帰ってpullというのを繰り返していました。
誰がいつ、何を直したというのが見えるのは結構安心できるものです。

タスク管理はチャットワークを使いましたが、コミットと同時にタスクも消化していく制作は、各所で見える化できて漏れが少なかったように感じます。

ファイルの管理が楽

リモートリポジトリはbitbucketを使いました。
ここではHTMLデータ、PSDを始めとしたデザインデータ、企画書、修正資料など一緒にあげていました。

普段の業務だと、メールで〇〇変更しましたみたいなものを連絡を受けて、後日そのファイルを見るとうい形になると思います。
Gitを使うことで、いつ誰が、何のファイルを追加、修正したかがコメントや差分ファイルを見るだけで明確になり更新内容を正確に捉えることができました。

過去のデータに戻ることも容易なのでバカみたいにファイルの後ろに[_140714Backup]みたいなのをつけてゴミファイルを増やさなくて良いのは素敵です。
間違ってファイルを消してしまってもすぐ戻せますしね。

みんなが使えないとGitはダメ

今回の案件は炎上案件でした。
それでも全焼しなかったのは、メンバーの基本スペックが高かったというのもありますが、全員がGitを使えたというところは外せないと思います。

メンバーのほとんどはGitに慣れたプログラマです。
私だけがまだ不慣れながらもGitを使うコーダーをやっていました。
バージョン管理することで毎日多くの要望・修正・変更があったとしても、タスクを振り分けて、それを無駄なくスピーディーに対応できました。
正直Gitがなければ、一人がタスクを抱え、順に修正をしていく流れになっていたと思うとぞっとします。
そして誰か一人がGitを使えなければこの運用は出来ないと思うと、Gitを使えない人とは仕事出来ないなと本気で思いましたし思ってもらえたと思います。
※炎上しない案件や、依頼した所で完結できる制作は除く。

最近は開発環境が進化して「Vagrant 」や「Grunt」、「Sass」など人にとって開発環境が細分化されていると思いますが、もうGitは必須じゃないかなと思いました。

ブランチの強み

今回ちょっと不可解な仕様があったので、「多分なくなるな、この仕様」と思いつつ組み込みをしていました。
この感覚を持っていたのにBranchを切らずにMasterでそのまま作ってしまったのは失敗だったと反省しています。

結局この仕様はボツになったので、作って、さらにそれを消すという無駄な作業をGitを使えば、すぐに修正できたのにもったいない事をしました。
同時に、Branchって便利ですねって思いました。
Margeが怖くて、避けていたのですがちゃんと使わないとダメですね。

コンフリクトは起こるもの。でも人は怒らない

Gitとはいえ、一つのファイルを同時にいじればコンフリクト(衝突)が起こるものです。

一人で作っているときでもノートPCとデスクトップPCの2つの環境で更新することがあって、そんな稀なタイミングでも、コンフリクト起こして失敗することはありました。
今回の案件でも、更新した箇所が後で見ると反映されていないとか時々見受けられましたし、私のほうでも相手が行った更新を上書きしてしまうこと幾度かありました。

自分の更新が無かった事にされたら、更新箇所、内容を100%同じ状態で覚えているなんて事は不可能なので、また同じ作業をしないといけない事になると思います。
そんな事があれば、激おこですがGitを使えば、更新の履歴が残っているので、差分を見て反映できるので本当に助かります。

先祖返りを見つけたとしても、担当者じゃなくても戻す事が出来ますので、チームの連携がすごくやりやすくなると思いました。
差分を見て、お礼も言いやすいので素敵です。

私へのお礼はお酒かチョコレートがコスパ良くてオススメです。

まとめ

Gitは今まで不便に感じていたところをかなり解消してくれるので、みんな使うべきだと思いました。
将来Gitが使えない事で、制作依頼されない・できないってところも出てくると思います。

デザイナはまだまだGit使える人少ないです。でも使えると凄いアドバンテージになります。
プログラマに愛される人になると共にチームに愛される人になれます。

人に迷惑かけると思って、Gitを始めれないと思っている人いるかも知れませんが、そろそろGit使えない事で人に迷惑かける時代になると思いますので積極的に覚えましょう。
まずはぼっちでGit使うのが良いです。便利ですよ(*ゝω・*)

Web制作者のためのGit入門
マイナビ (2014-06-28)
売り上げランキング: 9,604

関連記事

プロトタイプ入門!初めてInvisionを使う人向けの機能と使い方の紹介... 最近はSketchを使うことが増えて(というか一択)になっており様々なプロトタイプツールに手を出しているのですがその中でも一番汎用性が高く気にいっているのがInVisionです。 Invisionは英語製なので日本人には敬遠されがちで、あまり機能や便利さが広まっていないと思うので、私が使ってい...
音声入力の認識率が高く、MacでもWindowsでも使えるWebアプリ... 最近ブログを書くときは音声入力で記事を書くようにしています。 初めはMAcのデフォルトの音声入力を使っていたのですが少し精度が悪く思っていたので別のアプリを探していました。 今私が使っているアプリを紹介したいと思います。 MacでもWindowsでも使える音声入力アプリ 私は...
誰でも簡単にデジタルデータを販売できる「Gumroad」... 先日Gumroadで初めてデジタルデータを公開してみました。 使ってみた感想とGumroadのサービスの紹介をします。 Gumroadとは 2012年くらいに出来たWebサービスです。 Gumroadは誰でも簡単にデジタルデータを販売できるようにするサービスです。 アカウントは...
使ってみたい管理ツール 近々職場の環境が変わりそうなので、プロジェクト管理ツールが必要になるかもしれないのでメモ。 Backlog ガンチャートが使い勝手良さそうだけど、その機能使う場合は月額費用がかかってしまうのが気になりどころ。 brabio 5IDまでOKの無料.エクセル風なので他の人でもとっ...
JS不要で使いやすいflextbox設計のCSSフレームワーク「Bulma」... CSSフレームワークのBulmaが良かったので紹介します。 Bulmaとは BulmaはFlexboxを利用したCSSフレームワークです。 デザイナーや開発者のコミュニティの間で人気が高まっていて、 JSを使わない、シンプルかつ軽量でカスタマイズがしやすいのが特徴です。...
Google謹製Material Design Liteを触ってみた所感... Googleがマテリアルデザインの考えを取り入れた公式フレームワーク「Material Design Lite」(以下、MDL)を公開しました。 少し触ってみましたので、基礎的な使い方と自分の備忘録も兼ねてまとめてみます。 Material Design Liteとは ...