CPO(Chief Product Officer)とはどういった役割なのか?

最近CなんちゃらOみたいな役割が多すぎて、私自身よくわかっていません。 身近なところにChief Product Officer(プロダクト最高責任者)(以下:CPO)の人が出てきたのですが、何をする人なのか私もわかっておらず、期待値がブレると事故も起こりやすそうなので自分なりの考えをまとめるために記事にしています。

おそらく本記事を読まれてる方も似たような悩みを抱えている方だと思います。 お悩みのヒントになれば幸いです。

結論

CPOとは常にプロダクト全体を俯瞰してみて、現在の課題と理想はどうなっているかをアウトプットをして様々なステークホルダーを巻き込みながら組織の活力となってゴールに向かって進める人。

と考えています。

CPOとは

CPOは製品の戦略的な方向性に責任を負います。

多くの場合CPOは製品ビジョン、製品イノベーション、製品デザイン、製品開発、プロジェクトマネジメント、製品マーケティングなどを担当します。

別の言い方をすると、CPOはプロダクトマネジメント(PM)チームを率いて、プロダクトを通じてユーザーの課題を解決しビジネスな価値を作り続けます。 新製品・新機能のコンセプト開発の初期段階から、製品の発売後まで、CPOは製品とビジネスの両方のニーズと目標のバランスを取りながら仕事を進めていきます。

CPOはなぜ生まれたのか

日本ではCTO,CEOというのが一昔前にバズワードになりそれが定着しました。 しかし、CTO(最高技術責任者)とCEO(最高経営責任者)だけではプロダクトを軸に考える人がいない状態になります。

そういったプロダクト中心で設計をしないと成長ができないといった背景から生まれたものかなと推察しています。

CEOが持つ視点とCPOが持つ視点の違いを考えると以下のようになります。

CEO

売上などの業績、ビジョンの実現、ミッションの遂行など組織的で活動するための計画をして会社を前進させる人

CPO

CEOが決めた事に沿って、プロダクトを通じて計画を実現させる人。 またユーザーにとって最大限の価値を提供することを計画する人。

なお、CPOは海外では割とポピュラーなCPOという存在が、日本ではまだまだ一般的ではないです。

PM、POとの違いはなにか

またPM(プロダクトマネージャー)、PO(プロダクトオーナー)とはどう違うのかという疑問も出てきますが、CPOの場合は複数のPM、POの意思決定にも責任を持つという期待値が含まれます。

CPOは、プロダクトマネジメントの主要なリーダー(プロダクトマネージャー、UXデザインマネージャー、プロダクトアナリティクスマネージャー、プロダクトマーケティングマネージャーなど)を監督します。これらの重要な役割が効率的に遂行され、組織のビジョンと戦略に沿っていることを確認するのもCPOの責任です。

また、CPOは、他のプロダクトマネジメント担当者の重要なメンターとしての役割も担っています。CPOは、製品組織の文化や戦略的方向性に影響を与える重要な役割を担っています。

そのためCTOはPMが持つスキルを保持している前提で複数のPMにも情報の伝達し成果の責任を保つ必要があります。

イメージとしては下記の内容を主要なリーダーが理解できているようにします。

  • プロダクトのあるべき姿を明示する
  • ユーザーの課題と事業の狙いを理解し、プロダクトのバランスを取る

CPOが存在する意義としては、ユーザー中心に物事を考え長くユーザーに愛されるプロダクトであることを保証するためです。 一時的に売上を上げることは難しくないですが、継続的に売上を上げ続けることはユーザーの期待に応える必要があるため、CTO,CEOとは別の視座が必要になるため生まれたCPOというラベルが生まれたと考えています。

CPOに期待をすること

CPOに期待することはプロダクトのフェーズによって変わると思います。

ですが、一貫して言えることは計画を立てて、実行して実現させるということです。

常にプロダクト全体を俯瞰してみて、現在の課題と理想はどうなっているかをアウトプットをして様々なステークホルダーを巻き込みながら組織の活力となってゴールに向かって進める人というのが、自分が考える理想像です。

期待を実現させるために必要なこと

人とお金と時間以外で、さきほどの期待を叶えるために必要なものは評価をするための軸です。

計画だけですと、リリースしたあとにうまく行ってるのかまで計測する保証がありません。

そのため、中期的な計画のKPIと短期的なKPIの両方を作る必要あります。

中期的なKPIはCPOが決めるとして、短期的なKPIは開発チームに任せるほうがしっくりくると思います。

これらのKPIが常にどうなっているかを意識するには専門のメンバーがいることが理想です。 これらは日本ではCPO室と呼ばれるようです。

これらのマネジメントもCPOには期待されます。

この記事を書いた人

conti

大阪で東京の事業会社でフルリモートワークで働いているWebデザイナーです。副業とか好きで週末フリーランスしてます。
コードを書くのが得意なのでプログラマーに愛されるデザイナーってよく言われます。
プロフィール