ガントチャートを無料で使えるDropbox Peperが良かった

短い間に誰かとチームを組んで何かを制作すると、たいていスケジュールの話が出てきます。
じゃあ、タスク管理ツール何使うかみたいな話が出てきたりして宗教戦争になりがちです。
私の経験上の話です

そこで最近アカウントを持っていない人にでもサクッと共有できるDropbox Peperがお気に入りです。

Dropbox Peperとは

ファイル共有で有名なあのDropboxが出しているサービスの一つです。

Dropbox Peperは公開当時、マークダウンでかけてかつ複数人でも同時編集ができるツールとして重宝していました。
いってしまえばHackMd と同じような感じですね。

そして2018年の後半頃から、Dropbox Peperにタイムライン機能が付きました。

Dropbox Peperにタイムライン機能について

タイムライン機能については下記を見てもらうとわかりやすいかなと思います。
タイムライン機能

タイムラインと聞くと、twitterのようなものを想像してしまうかもしれませんが実際はガントチャートが作れると思ってみてください。

タイムライン機能では下記の事ができます。

タイムラインを簡単に作成

クリックとドラッグの操作だけで、プロジェクトで進行中の作業を項目として追加できます。作成した項目の色をカスタマイズして、情報をわかりやすく整理することもできます。

チーム メンバーに割り当てる

締め切りを設定することで、誰が、いつまでに、何をするのかを全員が把握できるようになります。
@を飛ばして連絡もできます。

メモを追加

個々の項目にメモを追加することで、最新の状況や関連ドキュメントへのリンクといった情報をチームに周知できます。
このあたりの機能はスプレッドシートでつくるよりも格段に便利になる感じです。

プロジェクトのマイルストーンを設定

期限日やリリース日などの主要なイベントを記入して、プロジェクトの各項目がスケジュール全体に収まるよう調整できます。

ズームイン&ズームアウト

ズームインして週単位の表示にしたり、ズームアウトすれば最大で年単位の表示にもできます。
ズーム機能があると打ち合わせのときとかどこの話をしてるのか明確にしやすいので便利なんですよね。

何が便利なのか

まずは無料で使えるというところと、相手がアカウントを持っていなくても共有できるところが便利と感じています。

また本当に無料?と思うくらいUIが作り込まれていて誰にでも簡単に使えるところも良いです。

長い期間使うならきちんとしたプロジェクト管理ツールを使うほうが良いかと思いますが、3ヶ月くらいのプロジェクトならDropbox Peperでも全然良いかなと思っています。

最後に

誰かとなにかを作るときは、スケジュールを見える化しておかないと続かなかったり、認識の齟齬が起きてうまくいかないなんて経験がたくさんありました。

逆にここを抑えておくとプロジェクトを進めやすくなるので、プロジェクト管理が苦手な人、始めて見たい人はぜひ一度試してみてください。

Doropbox Peper

この記事を書いた人

conti

大阪で東京の事業会社でフルリモートワークで働いているWebデザイナーです。副業とか好きで週末フリーランスしてます。
コードを書くのが得意なのでプログラマーに愛されるデザイナーってよく言われます。
プロフィール