Cntlog > WEB全般 > Googleのマテリアルデザインについて調べてみた

Googleのマテリアルデザインについて調べてみた

【WordBench京都11月号】テーマにまつわるエトセトラで「聞いて覚えるマテリアルデザイン入門」と題して発表してきました。

スライドはこちら
聞いて覚えるマテリアルデザイン入門

マテリアルデザインについて

私はマテリアルデザインの専門家でもデザインやアプリ開発の専門家ではありませんが、発表する機会を頂いたので公式ドキュメント(英語)を読んで調べました。
結果、マテリアルデザインはマテリアルデザインを用いたGoogleの「デザインガイドライン」という結論に至りました。

マテリアルデザインは、2014年10月にAndroid 5.0 Lollipopと同時期に発表されました。
当時マテリアルデザインはGoogleがまとめた優れたUIの指針のように思っていましたが、今回調べる事で全然異なる事が分かりました。

当然ですが、フラットデザインの進化の形というものでもありません。ただの(優れた)デザインガイドです。

なぜマテリアルデザインが作られたか

近年、タブレットやスマートフォン、スマートウォッチなど様々なデバイスが登場して様々な画面に対応する必要が出て来ました。
それに伴いUIデザインの質を保つのが難しくなっていました。
そこでGoogleはこの問題を解決するために「マテリアルデザイン」を作りました。
マテリアルデザインはクロスプラットフォームとマルチスクリーンの設計の簡略化から生まれました。

また、優れたUIというためではなく、ブランドの統一感も出すために作られています

マテリアルデザインを調べて学んだこと

私はデザインガイドを作った事はありません。
ですのでこれだけ丁寧に作られたものは、自分が運用するサイトにデザインガイドを作るときに大いに参考に出来ます
SNSの運用をするところなどでも当たり前ですがライティング(文章の書き方)にもガイドラインが細かく作られているのには驚きました。
デザインのガイドだと思っていたのに、そこまで規定があるとは関心しました。

サイトを運用するにあたって、ガイドラインは必要なものです。
プロダクトは誰のものかと言えば、会社/管理者のものです。
それはWebサイトも同様です。担当者が変わることで、品質が変わるということはユーザーが望む事ではありません。
せっかくファンになってくれたユーザーの心が離れてしまいます。

ガイドラインを作ることでブランディングに繋がります。
ブランディングとは「ものを売り続ける仕組み」です。
品質を一定以上に保つ事で安定してファンを作り続ける事ができます。

ガイドラインを作ることで品質の見直しが出来ます。
今まで「なんとなく」でやっていたことを「なぜ、こう定義するか」を考えることでサイト内の矛盾や違和感を払拭することが出来ます。
大きな変化はないように思えますが、ユーザーは違和感があればそこにすぐ気が付き、心が離れてしまいますので安定感・統一感を出すのは非常に大切です。

最後に

マテリアルデザインは「デザインガイドライン」でそれ以上でもそれ以下でもありません。
そしてマテリアルデザインはこれからも進歩・変化していきます。

プロダクトの運用を最大限に活かすにはガイドラインがとても大事と肌で感じました。

関連記事

マーケティングオートメーション「Mautic」とWebデザイナーの初めての付き合い方... Mautic Advent Calendar 2016 の5日目を担当記事です。 本記事ではオープンソース唯一のマーケティングオートメーションツール 「Mautic」とのWebデザイナーとしての付き合い方の私なりに思う紹介をします。 マーケティングオートメーションとWebデザイナ...
記事掲載連絡の大切さ 最近WELQがきっかけかライターやメディアのモラルみたいなのが問題みたいな話が結構でてるのですが、最近私のブログの記事を掲載したいとわざわざ連絡くださるメディアがありましたので、記事をコピペするメディアばかりじゃありませんよってご紹介です。 掲載されれた記事 名古屋駅周辺でノマドでき...
初心者が知っておきたいWeb業界の基礎知識... すでにWebというものは一般化しているのでWeb業界というとWeb制作会社の事を指すような気もしますが、あなたが目指す業界の事と思っていただければ結構です。 Webの技術や価値観を共有できる仲間がいるところと置き換えてもらえるとイメージしやすいでしょう。 この記事では、私が業界に入りたて...
常時SSLに対応するためのレンタルサーバー選定と移管の手順(Zenlogic編)... 先月に重い腰をあげてようやく常時SSLの対応をしました。 去年からやろうやろうと思っていたのですが、調べてみると自分の契約しているサーバーで常時SSLの対応をするとなると結構費用がかさむ(無料でできない)のが発覚したので、初動から苦労をしてしまいました。 常時SSL対応をするために 常...
ECサイトやCMSで良いデザインをするために気をつけている事... 私は自分でデザインをしたものをコーディングする事が多いのですが、最近一件人のデザインをする機会がありました。 デザイン自体に文句を言う立場ではなかったので、やんわりとこのデザインでは「後々問題が出ます」とお伝えしたのですが、スルーされて公開日が近づくに連れて実際に素材を組み込みはじめて現場(運...
未経験WEBデザイナーはブログを持ったほうが良いと思う私なりの理由... 勉強会の懇親会で人と話してみると、「独学でWEB勉強中です!」「WEBデザイナーなりたてです」と答えてくれる人がいるのだけど、そういう人ほど自分のブログやWEBサイトを持ってなくて残念だなーと思ったりしてます。 自分のサイトを持つとメリットは色々あると思っているので私なりにやっていてブログやっ...