Cntlog > 考え方 > 音声入力でブログ記事を書くメリット

音声入力でブログ記事を書くメリット

最近モンスターハンターワールドにはまってしまい記事を書くペースが落ちてしまいました。

普段週一で書くようにしているのですが、先日10日ほど開いてしまった反省しました。(久しぶりのゲームなのでハマってしまいました)

なのでどうやったら早く記事をかけるかなっていうふうに考えてみたんですけれども、以前音声入力がいいよという話を聞いてみたので実際に試してみました。

この記事も音声入力で書かれています。

音声入力のメリット

音声入力の強みというのは手を使わなくていいので楽というところと入力速度がキーボードよりも早い(私にとっては)ところです。

早いというところに関しては漢字変換の部分も自動的にやってくれるので記事の内容に集中できて気に入っています。

実際に文章を5000文字ぐらい書き上げるくらいだと手が疲れたりもするのですが音声入力ですと手の疲れはありません。
※代わりに多少喉が乾くので水分は必須だと思います

音声入力をして変わったこと

音声入力で記事を書くと記事への取り組みが少し変わりました。

私は普段記事を書くと誤字脱字が多いので、結構まわりから指摘されるのですが音声入力をで記事を書くと必ず誤字脱字があるものだと自分でも思っているので一度目を通すようにしています。

またどうしても口語形の文章になってしまいますので、言い方が長くなってしまっていたり回りくどい言い方をしている時があるのでそういったところもチェックするようになりました。

速さばかりをうたっていますが使ってみたところ実は「楽」というところが結構メリットとして大きいんじゃないかなと思っています。

人にもよるのかもしれませんが、音声入力だと文章がスラスラ出てきました。

昔ブログの記事を書くと思うと結構ハードルが高かったのですが、なぜか音声入力になってみるとさらさらと文字が書けるようになります。

最後に

音声入力はブラインドタッチが苦手な方でも他の何か資料を見ながら簡単に文章を書くことができます。

最近はブログの記事であったりWebライティングであったりとウェブサイトにおける文字入力の需要は高まっています。

文字を書くのに時間がかかるという方やブログ記事を書くのに腰が重いという方は一度音声入力で書いてみてはいかがでしょう(ゝω・)

関連記事

私が考えるWebサイトとWebデザイナの理想の関係... 私はWebデザイナをかれこれ5年くらい続けています。 自分で作って良かったサイト・悪かったサイト様々ありました。 Webサイトを作るのは基本お賃金を頂いて作っていますがときには趣味でWebサイト作ったりします。 先日バズった俺の嫁が可愛いもその一つですね。 数日前にまた新しくサイトを...
2016年に達成する目標 2015年はダラダラ惰性で過ごしてしまって色んなものが乱れてしまったので結構反省してます。 なので、2016年はきちんと目標を立てて健全に過ごしたいと思います。 2016年の目標 資格を取る Google アナリティクス個人認定資格 ネットマーケ...
積読消化!記憶に残って身につきやすい私の本の読み方... どうもkindleの積読が溜まってきたので,なんとか気軽に読む癖を身に着けようと思い、本を読むスタイルを変えました。 じっくり時間をかけて読むことから、一度サクッと読んでどのくらい身になるかの感触を見てから時間を掛けるか判断するしてます。 これによって、同じ時間を読書の時間にあてていても、読んだ...
ストレスを溜めないように気をつけてること[Advent Calendar-会社員]... 会社員 Advent Calendar 2014、8日目を担当させていただきます。 今回は私がストレスを溜めこまないようにするために普段からしている事の紹介です。 自己紹介 大阪でWebディレクタをしてる、コンチ(@maki_saki...
osushi.loveのサービス改善を見て感じた事... 2018年2月1日にサービスを開始して即日、サービス停止した「Oshusi」さんが、3月7日にサービスを再開されました。 サービス停止に至った経緯は下記を参照ください。 投げ銭サービス「Osushi」、開設直後にセキュリティなど不具合露見 運営は一時停止のうえ全額返金対応 個人的にはO...
自分がなりたいデザイナーのイメージ2018年版... こちらの記事を読んで、そういえば自分はどうなんだろう…と少し振り返ってみたいと思います。 どんなデザイナーになりたいの?に面食らってしまう私が、自分の言葉でキャリアを考える これまでの自分 IT業界はかれこれ10年以上います。 実はずっとWebというわけではないのですが、下記のよ...