Cntlog > 就職・転職 > Web業界で働いている職種の紹介

Web業界で働いている職種の紹介

Web業界と言っても、様々な職種があります。
こういったのは実際にWeb業界に入ってみないとわからなかったり、一つの会社にいるだけだと関わりなかったり職種もあります。

大まかな区分け

WEBの仕事と一言で言っても社内の中で複数の職種の内容を一人で横断しておこなったりするのはよくあることなので、明確な区分けというのは存在はしません。

ただ大まかに分けることはできて、下記のようになります。

  • 管理進行系
    • プロデューサー/プロダクトマネージャー
    • ディレクター
  • マーケティング系
    • アナリスト/グロースハッカー
    • 広告運用
    • WEBライター
  • 制作系
    • Web・アプリデザイナー/コーダー
    • フロントエンドエンジニア
    • バックエンドエンジニア
    • アプリエンジニア

管理進行系の職種の紹介

プロデューサー/プロダクトマネージャー

事業計画から運用までを企画して統括する監督的な職種です。
プロジェクトの成功させるために営業、予算確保したり、メンバーのアサインなども行います。
専門の制作スキルがなくても務められますがマネジメント能力は必須です。

主な業務内容

企画提案、予算交渉・管理、全体のスケジュール管理など

必要なスキル

プロジェクトマネジメント能力、問題解決能力、折衝能力、財務系知識、法律(主に契約)の知識、リーダーシップ、プレゼンテーション能力

ディレクター

Webデザイナやプロググラマなどの制作系のまとめ役。
制作物の品質や納期を管理してクライアントとコミュニケーションを取る窓口的存在。
専門スキルは必要はありませんが、クライアントの要望を汲み取り実現させるための幅広い知識が求められます。

会社によっては、ディレクターがプロデューサー/プロダクトマネージャーを兼任する場合もよくあります。

主な業務内容

クライアントとの打ち合わせ、企画提案、全体のスケジュール管理など

必要なスキル

プロジェクトマネジメント能力、問題解決能力、折衝能力、ファシリテーション能力

マーケティング系の職種の紹介

アナリスト/グロースハッカー

Googleアナリティクスなどで、数字を元にWebサイトの成果を見える化する人たち。
グロースハッカーは解析プラス自分で手を動かして、改善をするアナリスト&制作のスキル持ちのことです。

会社によっては、Webデザイナ/ディレクタが兼任する場合もあります。

主な業務内容

レポート作成、改善提案など

必要なスキル

レポート作成能力、プレゼンテーション能力、SEO、各種WEBツールの選定・利用能力

広告運用

アナリストやディレクタの指示の元、広告を運用する人。
自分でバナーやキャッチコピーを作る人もいますが、基本的には指示のあった内容をGoogle,Yahooなどの広告サービスに入稿する人。

主な業務内容

広告の入稿、運用状況の把握・管理、レポート作成

必要なスキル

改善能力、ミスのない集中力、レポート作成能力

WEBライター

メディアなどの記事作成などコンテンツを作る人。
制作会社では専属でいる場合は珍しいが、コンバージョンを左右する重要な役割。

なんでも書けるよりは得意なジャンルを持ってる人が多い(例:不動産、恋愛など)

主な業務内容

記事作成、取材、撮影

必要なスキル

SEOの知識、心理学

制作系の職種の紹介

Web・アプリデザイナー/コーダー

WEBやアプリの見た目を作る人。
昔は素材を作るデザイナーとコーダーとで別れていましたけど、最近はWebデザイナがデザインしたものを自分でコーディングするのが一般的です。

明確な基準はないのですがjQeryは使えてほしいという声をよく聞きます。

主な業務内容

Web・アプリなどのサイトデザイン、広告バナー作成、コーディング

必要なスキル

デザイン能力、HTML、CSS、JavaScript、jQuery、gitなど

フロントエンドエンジニア

主にjavascriptをバリバリに使える人を指します。
まだできて新しい職種でWeb業界の進化が早すぎて、コーダーとプログラマーの間に位置するような職種です。

まだまだデキる人が少ないので高給取りです。

主な業務内容

プログラミングなど

必要なスキル

javaScript、Vue.js、Angular、React、PHP、gitなど

バックエンドエンジニア

主にサーバーやデータベースなどWebサービスの裏側を開発する人。
フロントにデータを流したり、サーバー負荷に耐えれるようにしたりする職種。

主な業務内容

プログラミング、サーバー環境作成

必要なスキル

PHP、Ruby、AWSなど

最後に

これからWeb業界に入りたい人、気になってる人のお役に立てたら嬉しいです。

職種は別れていますが、最近は兼任して行うケースも多く覚える事が多くて大変なイメージがありますが、一つづつ着実に覚えていけば、どの職種にもなれますよ。

私はWebデザイナなので、自分がどうやってWebデザイナになったかという話は下記にまとめていますのでご興味あればご覧ください。

ぼっちでも独学でWEBデザイナーのスキルを身につける学習方法(基礎編)

関連記事

採用目線から見る未経験の人が最短でWebデザイナーになる方法... Webデザイナになりたいけど相談に載ってほしいという方が増えてきたので、現役webデザイナーからみたとにかく早くWebデザイナーになる方法をご紹介します。 最低限何ができればいいか 未経験でWebデザイナーになるためのスキルとして最低限何ができればと聞かれますが、ハッキリ言って最低限なんても...
IT業界特化!Webデザイナーにオススメな特徴別転職サイトの紹介... Webデザイナーの仕事の幅はどんどん広がり、年々需要も高まってきています。 転職をすると年収が上がる可能性が期待できます。 しかし、普段の業務が忙しくて時間が取れない方、どうやったら良い会社や仕事に巡り会えるのか悩む事も多いですよね。 最近は専門職の仕事探しをサポートする企業やサー...
Webデザイナが転職を意識して得たこと... 私は一度4年位前に転職をしました。 その時はすんなり転職が出来たというわけではなく、転職しなきゃというきっかけから2年経ってから内定をいただくまでにかかりました。 長年一つの企業に務めていた事で、いざ転職しようと思うと自分をどうやってアピールしてよいかわからなかったのでそれを形にするまでに時間が...
これからのWebデザイナーとしての将来について考えてみた... 2015年7月11日(土)に中央会計セミナールームで行われた「Web制作者のための仕事の作り方・向き合い方 in 大阪」に参加してきました。 私は社畜系な会社員ですが、漠然とこのままじゃ将来危ないよなーとか思いつつ、これからどう仕事と人と向き合って良いか悩んでいたので面白そうと...
リモートワークが向いてるなと感じる人の特徴... 最近私の周りでもリモートワークを始める人が増えてきました。 WEB系だから当たり前と言われるかもしれませんが、企業がそういった形に柔軟に変化してきているのは結構意外です。 リモートワークは私ももう2年ほどしていますが、やはりリモートワーク自体まだ新しい働き方なので体制として整っていない場...
元WEBデザイナが1年間WEBディレクターになってみて気がついた事... 2013年2月から転職をしました。 前職はWEBデザイナーでしたが今はWEBディレクターです。 もともとコミュ力が低いのにディレクターに転向したのは今でも無謀だったなーと思っていますが、将来的にディレクションのスキルを持っていないとマズイなと考えているので後悔はしていません。 ただやりたいと思...