Cntlog > 就職・転職 > Webデザイナーからみた転職エージェントと転職サイトの有利な使い分け

Webデザイナーからみた転職エージェントと転職サイトの有利な使い分け

はじめて転職活動をされる方ですと「転職エージェントって何?」「転職サイトとどう違うの?」「私でも利用できるの?」など疑問があるかと思います。
この記事では、転職サイトと転職エージェントの違いと上手な使い分けの方法をご紹介します。

転職に有利なのは転職サイトと転職エージェントのどちらか?

結論から言うと、転職活動を一人で行うのに不安があるのなら、転職サイトと転職エージェント両方を使うことをおすすめします。

転職エージェントは登録を断られる可能性があるのと担当者の質にバラツキがある点があるので、優秀な担当者を見つけ、無料で支援してもらいながら業界・企業の情報を収集しつつ
自分が気に入った転職サイトを併用して、日々求人情報をチェックするのが確実です。

転職エージェントが紹介してくれる案件は必ず自分に合うものではありませんので、条件が納得できなかったり、これまでと違ったジャンルに挑戦したいのであれば転職サイトで見つけたほうが自分から求人を探し応募できますやりやすいかと思います。

どちらが有利・不利と言った話ではありません。

ただ、転職エージェントからの紹介求人のほうが企業側からしたら費用が倍程度高いので、同じように求人を出していても、それだけ優秀な人材がほしいという本気度が見えます。

転職サイトと転職エージェントの主な違い

転職エージェントは、転職サイトを違い、転職支援のプロが担当者につきマンツーマンであなたのキャリアカウンセリングを行い、あなたの「強み」や「特性」を引き出します。

ですので、自分に自身の無い方は利用する価値が高いです。

あなたに最適な求人企業を無料でご紹介するサービスです。
あなたの転職成功のために専任の担当者がさまざまなサポートをおこないます。

転職エージェントだと雇用のミスマッチを減らせる

エージェントは求職者と企業のミスマッチを減らす事で信頼を獲得しています。
腕のいい担当者にあたれば、あなたにとっても満足度の高い案件を紹介してくれることでしょう。

転職エージェントとは

転職エージェントに登録をすると一人ひとりに担当が付き、さまざまな相談に乗ってくれるのが特徴です。
転職を希望するあなたのアドバイザーであり、最適な求人を紹介します。

企業から求人を直接預かるのも転職エージェントの役割のひとつです。
あなたと企業側をつなぎ双方の利益のために存在するのが転職エージェントなのです。
企業側とエージェントで信頼関係が成り立っていると転職サイトに掲載されないような非公開の求人も扱っていたりします。

ちなみに、転職希望者が無料で利用できる背景には、入社が決定した場合、企業から報酬を受け取るからです。
入社が決まったときのみ発生する成功報酬で転職エージェントは成り立っているので、双方にとってリスクが低いサービスとなっています。

当然ですが、企業の要望とマッチングしない人を入社させつづけると企業から信頼を失いますので、無理やし求人を紹介して入社させるなんてことは少ないです(ないとは言いませんが。)

転職エージェントのサービス内容

求人サイトを利用すると自分の好きなようにできますが、慣れていない人には結構な負担になります。
転職エージェントではだいたい下記のようなサービスを受けることが可能です。

  • キャリアカウンセリング
  • 職務経歴書の書き方アドバイス
  • 厳選した「求人紹介」
  • 企業への応募
  • 面談日時の調整
  • 面接対策
  • 入社後のサポート

転職サイトと転職エージェントを比較した際のメリットとデメリット

メリットの比較

転職エージェント
  • 専任のキャリアアドバイザーが無料でサポートしてくれる
  • 企業との調整を代行してもらえる
  • 内定率が高くなる
  • 第3者の評価がわかる
  • 非公開案件を保有している
転職サイト
  • 気軽に利用できる
  • 幅広く応募できる
  • 努力次第で転職活動期間を短縮できる
  • 24時間利用できる

デメリットの比較

転職エージェント
  • 応募は自分の強みにあった企業に限られる
  • 異業種への転職には向かない
  • 大手転職エージェントだと支援を断られる場合もある
  • 担当者の力量に運命が左右される
転職サイト
  • 企業との調整を自分でせねばならないため気力や体力がいる
  • 入社後の退職率が高くなりがち

転職サイトと転職エージェントの賢い選び方

いくつか注目したい選び方はありますが、私は下記の点に注目して選んでいます。

転職エージェント
  • 複数のエージェントに登録し、信用できる担当者を見つける
  • 手厚いサポートが受けられるか確かめる
  • エージェントの得意分野を調べる
転職サイト
  • どのくらいの求人掲載数があるかを確かめる
  • 自分のニーズに合った業種があるか確かめる
  • スカウトシステムがあるか確かめる

最後に

転職エージェントは無料でキャリアアドバイザーがつくので、自信や時間がない人は登録するのをお勧めします。

手厚いサービスを受けられる一方、異業種への転職に向かない、担当者に命運が左右される、支援を断られるといった弱点もありますので、転職サイトのほうが利用しやすいケースもあります。

リスクを避けるため複数のエージェントを登録したり、エージェントのサポートを受けながらも転職サイトを活用したりするなど柔軟に利用するのが転職成功の秘訣です。

自分にマッチするサイト・エージェントに出会うまでは、いろいろなサービスを試すぐらいの心構えがちょうどいいかと思います(ゝω・)

オススメの転職サイトと転職エージェントは下記のページにまとめていますのでよかったらこちらもチェックしてください。

Webデザイナーにオススメな転職サイト

関連記事

これからのWebデザイナーとしての将来について考えてみた... 2015年7月11日(土)に中央会計セミナールームで行われた「Web制作者のための仕事の作り方・向き合い方 in 大阪」に参加してきました。 私は社畜系な会社員ですが、漠然とこのままじゃ将来危ないよなーとか思いつつ、これからどう仕事と人と向き合って良いか悩んでいたので面白そうと...
Webデザイナーでの在宅勤務のメリット・デメリット... もうかれこれ在宅勤務をはじめて2年近くが経ちました。 この2年でリモートワーク・在宅勤務の人が非常に増えています。 とはいえ、制度としての存在は知っていても、導入ができていない人・ところが多いのも実情です。 私の経験ですが、在宅勤務・リモートワークのメリット・デメリットをご紹介します。...
WEB/UI/UXデザイナの退職エントリーをまとめてみた... 退職エントリーというと、エンジニアが多数でそういえば、デザイナの退職エントリーって見ないなとおもって調べたところ、あまりまとまってないな~とおもって自分なりに探してみました。 退職はネガティブに捉えられがちですが、人それぞれ、時代のニーズにあったステップを考えると避けては通れないものです。 ...
Web制作会社に派遣で働いてみて学んだ事... 会社を退職してから縁あって少しだけ派遣でWEB制作会社で働いてきました。 入ってみたら凄く得るものが多かったです。 前提 短い期間なのは、担当者(デザイナ)が旅行?に行くからという理由で、その穴埋めです。 求められた事はデザイナ業務で前職のようなディレクションメインとは異なってい...
30代のWebデザイナーが仕事を続けるために意識してること(メンタル編)... 気がついたらこの業界に入って10年は経過していました。 本格的にWebデザイナーになったのは5年くらいですが、やってる中で最近はこんな考え方してるなーっていうのを一部まとめました。 自分の得意なこと苦手なことを理解して伝える 私が「Webデザイナーです。」というと納得してくれる人と...
グラフィックデザイナーがWebデザイナーに転職する前に知っておくと良いこと... 以前からグラフィクデザイナーの方がWebデザイナーに転向したいという話を聞きます。 印刷業界が不景気で将来に不安を持つ方が多いようですね。。。 早めに動けるかたは良いことだと思います。 今回はグラフィクデザイナーをが、Webデザイナーになるために知っておくと良いことを幾つかご紹介します。...