Cntlog > 考え方 > 集中時間を持続するために使っている、ポモドーロ・テクニックのアプリ

集中時間を持続するために使っている、ポモドーロ・テクニックのアプリ

最近リモートワークがメインになりつつあり、集中力を持続するのに悩み始めてました。

先輩から以前奨められた、時間管理術として有名な、「ポモドーロ・テクニック」を取り入れてみたのですがそれがなかなか良かったのでご紹介します。

ポモドーロ・テクニックとは

「ポモドーロ・テクニック」は、タスクを時間単位で切り分けで短期集中時間と休憩時間を交互に挟む考え方です。

作業時間は1区切りを25分、休憩時間を5分に区切って作業するのが一般的です。
場合によっては作業時間を50分、休憩時間を10分にしたりもします。

25分の作業時間と5分の休憩時間は最小単位と理解していただければ大丈夫です。

仕事を細かく時間単位に分割することで、程よい緊張感を味わいながら仕事に臨むことができ、結果作業に没頭できます。

ポモドーロ・テクニックをするためのアプリ

基本的にタイマーになれば何でも良いのですが、私は3つのツールを使い分けています。

音声UI「Google Home」

私は仕事以外でもボロドーロ・テクニックは使っています。

特に掃除のときや読書のときなど、パソコンから離れているときはGoogle Homeをタイマーにして使っています。

25分の間でトイレとお風呂の掃除などですね。

Google拡張機能「Strict Workflow」

Google拡張機能版のポモドーロタイマーです。

Strict Workflow

普段 Chromeを使ってる方はインストールするだけで使えます。

クリック一つでON/OFFを切り替えられるので、覚える事もありません。
twitterやGメールなど他に気を取られるようなサービスはブロックされて見えなくなるので、さらに作業に集中できます。

Focus To-Do

スマートフォンアプリのポモドーロタイマーです。

Android/iPhone/Windows/Macすべてに対応しています。

Android版をダウンロード

iPhone版をダウンロード

残り時間をメニューバーに表示してくれるので、常に時間を意識して作業を進めることができます。

最後に

ポモドーロ・テクニックは手軽に始められていつでも辞めれるので気兼ねなく使えます。
(ちなみにこの記事もポモドーロ・テクニックを使いながら書いています。)

他にも自分の集中力を高める方法はあります。

メンタリストDaiGoさんが書かれている自分を操る超集中力ですと集中のメソッドがたくさん書いてあるのでご興味あれば読んでみてください。オススメです。

自分を操る超集中力をチェックする

関連記事

新人さんのモチベーションを上げるために気をつけていること... 上司や、先輩といった、立場になると、普段の業務に加えて部下や、後輩などを育てるというお仕事がでてくると思います。 私も時々頼まれる事があるのですが、わりと面談のときに新人さんが私の事をほめてくれるようですし、私の上司もその功績を認めてくれるので嬉しいです。 多分こういう事の結果かなと自分...
私が考えるWebサイトとWebデザイナの理想の関係... 私はWebデザイナをかれこれ5年くらい続けています。 自分で作って良かったサイト・悪かったサイト様々ありました。 Webサイトを作るのは基本お賃金を頂いて作っていますがときには趣味でWebサイト作ったりします。 先日バズった俺の嫁が可愛いもその一つですね。 数日前にまた新しくサイトを...
音声入力でブログ記事を書くメリット... 最近モンスターハンターワールドにはまってしまい記事を書くペースが落ちてしまいました。 普段週一で書くようにしているのですが、先日10日ほど開いてしまった反省しました。(久しぶりのゲームなのでハマってしまいました) なのでどうやったら早く記事をかけるかなっていうふうに考えてみたんですけれど...
SNSでイラストアイコンを使うメリット... 皆さんSNSのアイコンなどはどうされてますか私はイラストのアイコンを利用しています。 このアイコンですね。 かれこれ同じアイコンをもう7年以上使っています。 なぜ私が同じイラストのアイコンを利用し続けるのか、それはこのイラストアイコンを使うメリットを感じているからです。 本記事では、...
2016年に達成する目標 2015年はダラダラ惰性で過ごしてしまって色んなものが乱れてしまったので結構反省してます。 なので、2016年はきちんと目標を立てて健全に過ごしたいと思います。 2016年の目標 資格を取る Google アナリティクス個人認定資格 ネットマーケ...
ぼっちについて真面目に考えてみた 2014年は縁あって「ぼっちさん」と呼ばれる事が多かったです。 ですが、その年に知り合った人の大勢が「ぼっちさんはぼっちじゃない」などとエセぼっちやフォッションぼっちように扱われる事があり違和感を抱いていました。 私個人としては自信をもって自分を「ぼっちです!」と自己紹介できるのですが、なかなか...