Cntlog > WordPress > WordCamp2014 コントリビューターデイで教わった公式テーマの登録の仕方

WordCamp2014 コントリビューターデイで教わった公式テーマの登録の仕方

WordPressの公式テーマの作り方をざっくりとしたもの教えてもらったのでメモ。

WordPress.orgのアカウントが必要

テーマにかかわらず、プラグインを登録したり、フォーラムに質問・回答するのにも必要です。
WordPressに関わっていくとなにかと必要になってるくので、とりあえずでも作っておくと良いです。

アカウント作成

公式テーマにするには一定のガイドラインがある

※英語なので心の目で読む

Theme_Review

ガイドラインの一部はプラグインでチェックできます。

「Theme-Check」
WordPressで定められているテーマの品質に対するガイドラインに適合しているかどうかをチェックするためのプラグインです。
※エラーが出たからと言ってバグというわけではありません。
Theme-Check
「Log Deprecated Notices」
非推奨(廃止予定)のファイル・関数・引数使用の記録(ログ)を取り、非推奨の機能が使われている箇所を特定します。代替機能があれば提示してくれます。
※エラーが出たからと言ってバグというわけではありません。
Log Deprecated Notices

上記に加えて、JSとCSS、HTMLでエラーが出ないように書くのがエチケット。
あと翻訳ができるようにするためにテキストのベタ書きはNGです。

レビューの準備

エラーが検出されない状態になったら下記から作ったテーマをZIPファイルを上げればそれで完了です。
※WordPress.orgにログインしていないといけません。

そこから担当者がチェックしてくれて、問題があれば修正点を指摘してくれます。

※英語での返信が来るので心穏やかに待ちましょう

Themes Directory登録

余談

日本人でテーマを公式ディレクトリに登録している人は少ないです。
私の知ってるものでは下記の2つです。

管理画面だけですべてを完結させれるコンセプトに惚れた!
管理画面だけですべてを完結させれるコンセプトに惚れた!


管理画面で設定できる項目が多くて素敵!

関連記事

今更気がついたWordPressのウィジェットの便利さについて... 先日公開したサイトで「俺の嫁が可愛い」というサイトを作ったのですが、その時普段のテーマと作り方と違う作り方をしました。 あまりコードを書かずに、plugin中心で機能を追加したので、Widgetをフル活用しました。 それで、もしかしたらこれがWordPressの適切な使い方なのかなと改めて考え直...
WordPress用のスニペット管理にした「mycodestock」... コードのスニペットというと「codepen」とかが割りと有名かなと思っているのですが、PHPのコードの管理ができないのよっとやきもきしていました。 そこでPHPも登録できるようなサービスを見つけたのでご紹介します。 mycodestock mycodestockで気...
WordPressのテーマ開発は親テーマが良いのか子テーマが良いのか... 最近「WordPressのテーマを子テーマで作る事が多い」と話したら「えっ、手抜きじゃん」(意訳)と言われた事がありました。 個人的には「時間をかける=クオリティが高い」ではないと思っているので、WordPressのテーマ開発はどんな形が私の中でベストなのか紹介します。 親と子のどち...
無料で使えるWordPressのカスタマイズしやすいBootStrapベースのスターターテーマ... みなさんはWordPressの案件をするときはどんな開発フローをされてますか? 1から作るひともいれば、何かフレームワーク的なものを入れて作る人、スターターテーマを使って作る人、子テーマ前提で作る人など様々な進め方がありますね。 私は去年までは「Underscores」を使って開発していまし...
WordPressで複数条件で検索できるようにするプラグイン「Search & Filte... 個人的に制作してるサイトで複数条件を設定して検索したかったのですが、調べてみるといい感じのプラグインがあったので紹介します。 Search & Filterの紹介 Search & Filterは複数条件の検索フォームを作れるプラグインです。 Search &...
TOPページのみの条件取得 WordPressを使っていてTOPページのみ判定する条件が見つからなかったので下記のような判定を作りました。 $url_home = home_url() . '/'; //TOPページのURL $page_url_get = home_url() . $_SERVER; //現在のURL...