Cntlog > WordPress > WordCamp2014 コントリビューターデイで教わった公式テーマの登録の仕方

WordCamp2014 コントリビューターデイで教わった公式テーマの登録の仕方

WordPressの公式テーマの作り方をざっくりとしたもの教えてもらったのでメモ。

WordPress.orgのアカウントが必要

テーマにかかわらず、プラグインを登録したり、フォーラムに質問・回答するのにも必要です。
WordPressに関わっていくとなにかと必要になってるくので、とりあえずでも作っておくと良いです。

アカウント作成

公式テーマにするには一定のガイドラインがある

※英語なので心の目で読む

Theme_Review

ガイドラインの一部はプラグインでチェックできます。

「Theme-Check」
WordPressで定められているテーマの品質に対するガイドラインに適合しているかどうかをチェックするためのプラグインです。
※エラーが出たからと言ってバグというわけではありません。
Theme-Check
「Log Deprecated Notices」
非推奨(廃止予定)のファイル・関数・引数使用の記録(ログ)を取り、非推奨の機能が使われている箇所を特定します。代替機能があれば提示してくれます。
※エラーが出たからと言ってバグというわけではありません。
Log Deprecated Notices

上記に加えて、JSとCSS、HTMLでエラーが出ないように書くのがエチケット。
あと翻訳ができるようにするためにテキストのベタ書きはNGです。

レビューの準備

エラーが検出されない状態になったら下記から作ったテーマをZIPファイルを上げればそれで完了です。
※WordPress.orgにログインしていないといけません。

そこから担当者がチェックしてくれて、問題があれば修正点を指摘してくれます。

※英語での返信が来るので心穏やかに待ちましょう

Themes Directory登録

余談

日本人でテーマを公式ディレクトリに登録している人は少ないです。
私の知ってるものでは下記の2つです。

管理画面だけですべてを完結させれるコンセプトに惚れた!
管理画面だけですべてを完結させれるコンセプトに惚れた!


管理画面で設定できる項目が多くて素敵!

関連記事

今更気がついたWordPressのウィジェットの便利さについて... 先日公開したサイトで「俺の嫁が可愛い」というサイトを作ったのですが、その時普段のテーマと作り方と違う作り方をしました。 あまりコードを書かずに、plugin中心で機能を追加したので、Widgetをフル活用しました。 それで、もしかしたらこれがWordPressの適切な使い方なのかなと改めて考え直...
WordPressのハッカソンに参加した振り返り... 先日第23回WordBench大阪に参加してきました。 今回はテーマを作ることが目的でチームは各自作りたいテーマ毎(6組)に別れました。 公式テーマにできることを想定して作るということでLICENSEもGLPのものを使うように制限されたのが印象的でした。 ハッカソンとは「ハック」と「マラソ...
WockerでWordPressの本番環境をローカルに持ってくる方法... Wockerには便利なコマンドがいくつかあって、その中にsqlを取り込んでくれるものがあります。 そういった記事を見つけたのですがバージョンが古いようでしたので自分用に書き直しました。 参考サイト Wocker を使って公開されているサイトをローカルにコピ...
WP Social Bookmarking Lightのいいねボタンのレイアウト崩れの直し方... このブログのソーシャルボタンは「WP Social Bookmarking Light」を使っています。 気がついたら「いいねボタン」だけ数px低い位置にレイアウトされていたり、段落落ちして広告に隠れてしまったりしていましたのでその修正方法をメモ。 CSSに下記を追加すれば他のソーシ...
tarm別に一覧を取得するコード 特定のカスタム投稿タイプでtarm別に一覧を取得できるコードメモ。 archiveところで出力させるのに使いました。 ?php $paged = (get_query_var('paged')) ? get_query_var('paged') : 1; $a...