Cntlog > WordPress > WordPressで複数条件で検索できるようにするプラグイン「Search & Filter」

WordPressで複数条件で検索できるようにするプラグイン「Search & Filter」

個人的に制作してるサイトで複数条件を設定して検索したかったのですが、調べてみるといい感じのプラグインがあったので紹介します。

Search & Filterの紹介

Search & Filterは複数条件の検索フォームを作れるプラグインです。
Search & Filter

管理画面で設定するようなものではなく、既存の設定を組み合わせてショートコードで設置するようなタイプです。

参考コード
[searchandfilter taxonomies="surch,category,post_tag"]

こんな感じで検索対象をショートコードで選べます。

他にも、ラベルの名称を自由に選べたり、フォームのタイプをチェックボックスやラジオボタンにすることも可能です。

[searchandfilter taxonomies="surch,category,post_tag" types=",checkbox" headings=",カテゴリ,タグ"]

詳しくはドキュメントがあるのでそちらを見るとさらに理解が深まります。

補足情報

Custom Fields Search というプラグインも複数条件の検索では有名なようです。

私も最初はこれを使ってみたのですがHTTP 500 Internal Server Errorがでてしまい解決できなかったので諦めました。

少し調べてみると、2017年の8月頃に公式サイトからプラグインが消えていたようです。
Updateが4年されていないという記事も見かけましたので公式サイトから消えたのはそれが原因かなと思っています。

今はプラグインはきちんと公開されていますが、今後Updateされるかは少し不安だったので「Search & Filter」を使うことにしました。

関連記事

WordPressのテーマをアップデートさせない方法... CSSでキャンセルする方法 テーマが古いかどうかは、style.cssに記載のあるバージョンでWordPressが判定しています。 ですので、ここの記述を最新版のテーマより上にしてしまえば、アップデートの通知が来ることはなくなります。 基本的に、style.cssの一番上にVersio...
WP Social Bookmarking Lightのいいねボタンのレイアウト崩れの直し方... このブログのソーシャルボタンは「WP Social Bookmarking Light」を使っています。 気がついたら「いいねボタン」だけ数px低い位置にレイアウトされていたり、段落落ちして広告に隠れてしまったりしていましたのでその修正方法をメモ。 CSSに下記を追加すれば他のソーシ...
WordPressのスキルでWebデザイナーが学べる事... WordPressといえば、今やWebデザイナに限らず、ブロガーなど、Web業界にいないユーザーでも知っているほど有名なCMSです。 WordPressは企業のコーポレートサイトなどにも利用されておりブログ以外の制作でも需要があるため制作会社でもそのスキルは求められます。 WordPre...
TOPページのみの条件取得 WordPressを使っていてTOPページのみ判定する条件が見つからなかったので下記のような判定を作りました。 $url_home = home_url() . '/'; //TOPページのURL $page_url_get = home_url() . $_SERVER; //現在のURL...
Gutenberg(グーテンベルク)対応のオススメできるWordPressテーマの紹介... WordPressが4.9.8から新しいエディターGutenbergをテストするようにダッシュボードから告知が始まりました。 いよいよWordPressが大きく変わる雰囲気をひしひしと感じます。 WordPressといえば、テーマをインストールして有効化することで、サイトのデザインを簡単...
WordPressのテーマ開発は親テーマが良いのか子テーマが良いのか... 最近「WordPressのテーマを子テーマで作る事が多い」と話したら「えっ、手抜きじゃん」(意訳)と言われた事がありました。 個人的には「時間をかける=クオリティが高い」ではないと思っているので、WordPressのテーマ開発はどんな形が私の中でベストなのか紹介します。 親と子のどち...